トップ用語集 > エアロゾル、エーロゾル

用語集

エアロゾル、エーロゾル
大気中に分散して浮遊している固体[火山灰や砂やちり、花粉など]や液体の微粒子(びりゅうし)。大気中の水蒸気がこまかい水のつぶを形づくり雲や霧を生じるとき、その核となるものもある。また、エアロゾルには太陽の光を散乱、吸収してしまうため、地上にとどく太陽光をへらす効果、「日がさ効果」がある。
むずかしい言葉は、先生や大人に聞いてみよう。

情報提供:JWA