トップ用語集 > たいふうのめ / 台風の眼

用語集

たいふうのめ / 台風の眼
台風の中心付近、直径10kmくらいのところ。台風は中心付近に下降気流があるので雲が消え、すっぽり穴が開いているように見える。地上では台風の眼に入ると晴れ間がのぞく。
むずかしい言葉は、先生や大人に聞いてみよう。

情報提供:JWA