トップ用語集 > うりょうけい / 雨量計

用語集

うりょうけい / 雨量計
雨の量を正しくはかるためにもちいる測器。「貯水型指示雨量計」と「転倒ます型雨量計」が代表的である。貯水型指示雨量計では、直径20cmの円筒のなかに「貯水ビン」と「受水器」がセットしてあり、上から入った雨はすべてこのビンの中にたまるしくみになっている。貯水ビンにたまった雨を「雨量ます」に入れかえ、めもり(mm)を読むとそのあたいが雨量となる。いっぽう、転倒ます型雨量計は雨量計内の漏斗(じょうご)の下に0.5mmまたは1.0mmの雨がたまると転倒する「ます」があり、「ます」が転倒するたびに電気信号を送り、この回数から雨量を測定する。雨量計を設置する場合、雨が地面ではね返って雨量計に入るのをふせぐため、まわりには芝をうえる。
むずかしい言葉は、先生や大人に聞いてみよう。

情報提供:JWA