トップ実験室 > ダンボールで竜巻を作ってみよう

実験室

ダンボールで竜巻を作ってみよう

「ペットボトルで雪の結晶を作ってみよう」「ペットボトルで雲を作ってみよう」とペットボトルを使ったお天気実験が続きましたが、ここではダンボールを使って竜巻を発生させる実験です。

竜巻は、積乱雲によっておこり、地上から空まで高速の渦をまいた上昇気流です。昨年、北海道佐呂間町で竜巻による大きな被害が発生したことは、皆さんの記憶に新しいと思います。竜巻は右巻きか?左巻きか?など、ダンボールの中に発生する竜巻を見て、空気の流れを観察してみましょう。

用意するもの

  • ダンボール(幅+奥行き+高さの合計が80cm以上.高さがあるほうが竜巻の様子をよく観察できます)
  • カッター
  • ドライアイス(500g〜1kg)
  • 金属製のトレー
  • ハンマー
  • お湯
  • 電池タイプの小型扇風機
  • 軍手
  • 黒い塗料または模造紙
  • のり
  • はさみ
  • ダンボールの窓につける透明の板。

※ドライアイスを扱うときは軍手を必ず着用してください!

STEP 1

カッターでダンボールに切りこみをいれる


まず、ダンボールに向かって左側の手前と右側の奥に幅1.5cm〜2.0cm程度のスリットを入れます。また、ダンボールの正面には観察用の窓、上には扇風機用の穴を開けます。
※ダンボールを切るとき、カッターに注意です!

STEP 2

観察しやすいように、ダンボールの内側を塗料や模造紙で黒くし、観察用の窓に透明板をつけます

情報提供:JWA