授業お助けコーナー

テーマ:情報モラル

研究会について 実践校選定 事前調査 授業案作成 指導案 書籍の紹介
A校 B校 C校 D校
指導案  

授業実践にあたって、指導案を作成しました。各校とも、授業内容の検討と並行しながら、一度作成した案を再度練り直すなどして、より充実した授業になるように考えられています。

指導案作成にあたって

指導案の作成にあたっては、いつ、どの学級でだれが行うかなどの基本的な項目に続けて、

 1授業の主題(テーマ)
 2授業の目標(ねらい)

を掲げます。
2で子どもの実態などを含めておくと、より状況がわかりやすく、授業社自身も改めて目標を認識することができます。さらに、複数時間で授業する場合、教材などの準備物が必要な場合は、

 3本時にいたる流れや、事前準備について

を記しておき、その上で

 4授業(本時)の流れ

を具体的に記していきます。
4では、各指導にどの程度の時間を予定するかも含めておくと、時間配分もイメージしやすくなります。

作成のポイント

指導案作成の際に、何よりもポイントとなるのは、

*教師の思いを打ち出すこと

です。
そのテーマで、何をねらいとし、子どもたちに身に付けてもらいたいかを明確にしておけば、実際の展開次第で、予定した内容が全てこなせなくても、目指すべき方向がわからなくなることはありません。

指導案のスタイルは、各校で異なっています。 指導内容と合わせ、指導案の書き方も参考にしてください。

    A校>


前へ