授業お助けコーナー

テーマ:情報モラル

研究会について 実践校選定 事前調査 授業案作成 指導案 書籍の紹介
A校 B校 C校 D校
授業内容の検討にあたって  

授業実践は、4校ともに夏休み前と、その後(秋頃)の大きく2回を予定しています。情報モラルに限らず、1回きりの授業ではその指導が根付きにくいので、繰り返し(ここでは夏休みを隔てて2回)授業を行うことで、その効果を検証したいというねらいもあります。
また、このプロジェクトでは、保護者(家庭)との連携を大きな柱の一つとしています。授業の参観、理解なども含め、保護者にどのように参加していただくかも検討しました。

 

第1回授業  

「インターネットと携帯電話についての事前調査結果」をもとに、4校それぞれに必要な情報モラル授業の内容を考えていきます。
授業内容の検討から指導案作成、授業実践までの流れは、概ね以下のようになります。

1テーマ設定
2教材の選定
3授業の流れの検討
4指導案作成 (授業のしかけなどの準備)
5授業実践

ただし、4校それぞれ、テーマも授業をつくる上でのポイントも異なります。
それでは、各校における授業内容検討の様子を見ていきましょう。

    A校>


前へ   次へ