「血液の成分やはたらき」
【理科】
【保健・体育】
酸素や栄養を運び、ケガをなおす。

血液は、体のすみずみまで酸素や栄養を運んだり、ケガをしたときに血を止めてくれたりする、とても大事な液体なんだ。ウィルスなど病気をひきおこす小さな生物から、私たちを守ってくれるのも血液なんだ。血液は、栄養を運ぶ血しょうと、酸素を運ぶ赤血球、傷をなおす血小板、病気をふせぐ白血球からなるんだ。

血液にはいくつかの型があるのは知っているね。日本人の場合、一番多いのがA型で、これにO型、B型、AB型が続くんだ。なかには100人に一人しかいない血液型の人もいるんだよ。血液は、同じ血液型どうしの人の間ならわけてあげることができるんだ。こうした輸血や薬をつくるために必要なのが、血をあげる「献血(けんけつ)」なんだ。