• 十五夜
  • 敬老の日
  • 秋分

【秋分】 9月23日ごろ

秋分ってなぁに?

昼と夜の長さがほぼ同じになる日で、半年前の春分とは逆に、少しずつ夜が長くなっていきます。お彼岸の中日でもあり、『祖先をうやまい、なくなった人々をしのぶ日』として、「秋分の日」は国民の祝日になっています。

お彼岸ってなぁに?

秋分の日を中日として、その前後3日、合計7日間を「彼岸(ひがん)」といい、最初の日を「彼岸の入り」、最後の日を「彼岸の明け」と呼びます。春分の日も同じです。春の彼岸と区別して、秋の彼岸を「のちの彼岸」とよぶこともあります。

なぜお彼岸にお墓まいりをするの?

お彼岸の食べ物

秋の彼岸といえば、おはぎ!春の彼岸に食べるぼたもちとの違いをチェックしておきましょう。

おはぎの由来 〜「ぼたもち」と「おはぎ」の違い

もっとくわしく知りたい人は「親子で楽しむ!歳時記なび」へ