• 十五夜
  • 敬老の日
  • 秋分

【敬老の日】 9月第3月曜日

敬老の日ってなぁに?

社会のために長年働いてきたお年寄りを敬い、長寿を祝う日。昭和26年に制定された「としよりの日」が「老人の日」と改まり、昭和41年から「敬老の日」として国民の祝日になりました。もともとは聖徳太子が老人や病人のための「悲田院(ひでんいん)」を建てた日という9月15日でしたが、平成15年より9月の第3月曜日となり、9月15日は「老人の日」、9月15日から21日までの1週間は「老人週間」になりました。

長寿のお祝いを知ろう

日本には、人生の節目にお祝いをしたり厄払いをしたりする風習があります。長寿を祝う節目にはどんなものがあるでしょう?。

長寿を祝う節目

長寿のお祝いは数え年で数えます。数え年とは、生まれた年を1歳とし、正月ごとに1歳ずつ増やす年の数え方です。

■還暦(かんれき)・・・数えで61歳 (満年齢で60歳)
ちょうど自分が生まれた年の干支にかえってくるため還暦といい、「生まれ直す」としてお祝いをします。赤ちゃんの赤、魔よけの赤にちなんで赤い品物を贈る風習があります。

■古希(こき)・・・数えで70歳
中国の詩人・杜甫の詩句「人生七十古希稀(まれ)なり」にちなんで古希。

■喜寿(きじゅ)・・・数えで77歳
喜という字の草書体が、七十七に見えるところから喜寿。

■傘寿(さんじゅ)・・・数えで80歳
傘という字の略字が八十と書くので傘寿。

■米寿(べいじゅ)・・・数えで88歳
米という字をばらばらにすると八十八になるので米寿。

■卒寿(そつじゅ)・・・数えの90歳
卒の略字である「卆」が九十に見えるところから卒寿。

■白寿(はくじゅ)・・・数えの99歳
百という字から一を取ると白になるので白寿。

■百賀(ひゃくが)・・・数えの100歳
100歳を百賀の祝い、101歳を百一賀の祝いとして以後毎年祝います。

おじいちゃんのひとりごと

今でこそ日本は長寿国で、平成19年の平均寿命が男性は79.19歳で世界3位、女性は85.99歳で世界1位になっているが、昭和30年には男性63.60歳、女性67.75歳だったのさ。この延びは世界でも群を抜いているそうじゃ。とくに医学や食生活の進歩は目覚しいものがあるからのぉ。ありがたいことじゃ。


もっとくわしく知りたい人は「親子で楽しむ!歳時記なび」へ