• 十五夜
  • 敬老の日
  • 秋分

月のおもしろ豆知識

月のもようをどう見立てるかは、世界各国でちがいます。まずは月うさぎを探してみましょう。

月うさぎ伝説 〜どうして月にうさぎがいるの?

月にうさぎがいてお餅をついているといいますが、どうしてでしょう?それは月うさぎの伝説があるからです。1番有名なお話を紹介します。

月うさぎ伝説

『昔、あるところにウサギとキツネとサルが暮らしていました。ある日、3びきはつかれはてた老人に出会います。老人はおなかがすいて動けない、何か食べ物をめぐんでくれと言い、3びきは老人のために食べ物を集めに出かけました。

やがて、サルは木に登っていろいろな果実をとってきて老人に食べさせました。キツネはお墓に行ってたくさんのお供えものをとってきて老人に与えました。しかしうさぎはいっしょうけんめいがんばっても、何も持ってくることができません。

そこで、なやんだウサギはかくごを決め、もう一度探しに行くので火を焚いて待っていて欲しいと伝えて出かけていきました。サルとキツネは火をたいて待っていましたが、手ぶらで帰ってきたウサギを見て、ウソつきだとなじります。するとウサギは「私には食べ物をとる力がありません。ですから、どうぞ私を食べてください」といって火の中にとびこみ、自分の身を老人にささげたのです。

実は、その老人は帝釈天(タイシャクテン)という神様で、3びきの行いを試そうとしたのです。もとの姿に戻った帝釈天は、そんなウサギをあわれみ、月の中にウサギをよみがえらせて、みんなの手本にしたそうです。』


これは仏教説話からきているお話です。さらにこのお話には続きがあって、「ウサギをあわれんだ老人が、その焼けたかわをはいで月に映し、かわをはがれたウサギは生き返る」という説もあります。だから、月の黒い部分がうさぎなのでしょう。

また、うさぎが餅をついているのは「老人のために餅つきをしている」とか「うさぎが食べ物に困らないように」という説がありますが、中秋の名月がほうじょう祝いであることを考えると、たくさんのお米がとれたことにかんしゃする意が込められているようです。

月の模様〜ほかの国では何に見える?

日本では月にいるのはうさぎですが、ほかの国でも同じでしょうか?実は違うんですよ。

月の模様のとらえ方

月は地球に対していつも同じ面を向けて回っているので、世界中どこで見てもほぼ同じですが、月の模様をどう捉えるかは国によってさまざま。また、月の白く見える部分はクレーターの多い高地で、黒く見える部分は巨大な隕石がぶつかったあとの低地ですが、白い部分で形を見る国と黒い部分を見る国があり、おもしろいですね! 

■日本
……餅をつくうさぎ


韓国や中国でもうさぎに見えるそうですが、
中国のうさぎは薬草を挽いています。
■南ヨーロッパ
……大きなはさみのカニ

■東ヨーロッパ
……女性の横顔

■北ヨーロッパ
……本を読むおばあさん

■カナダインディアン
……バケツを運ぶ少女

■バイキング
……水をかつぐ男女

■アラビア
……ライオン

■ドイツ
……薪をかつぐ男

※参考文献 『太陽と月の星ものがたり』 藤井旭(誠文堂新光社)

もっとくわしく知りたい人は「親子で楽しむ!歳時記なび」へ