• 十五夜
  • 敬老の日
  • 秋分

お月見のお供えもの 〜月見団子はいくつ?

お月見にお供えものをするのは、月が風雅の対象だけでなく、信仰の対象でもあったからです。この時期の収穫に感謝し、収穫物をお月様にお供えするようになりました。

月見団子

穀物の収穫に感謝し、米を粉にして丸めて作ったのが始まりです。月に見たてて丸い団子ですが、地域に根ざした様々な月見団子があります。

では、月見団子はいくつ供えるのでしょう?供える数には2つの説があります。

【満月の数だから⇒12個】
その年に出た満月の数を供えるので平年は12個、閏年(うるうどし)は13個となります。
【十五夜だから⇒15個】
十五夜だから15個、十三夜には13個となります。15個の並べ方は、下から9個、4個、2個です。

昔は月の満ち欠けによって暦が作られ、農作業も進められていました。そのため、満月の数や、新月から何日目の月か(○○夜)ということは大きな意味があり、それが団子の数になったのでしょう。

月に見たてて丸いどら焼き、月うさぎに見たてた和菓子、中国のお月見に欠かせない月餅などもお月見ムードを盛り上げてくれるので、お好みで楽しんでください。

しゅうかく物

十五夜十三夜十日夜のそれぞれにお供えものがあります。

【十五夜】
別名「芋名月」といい、里芋などの芋類のしゅうかくを祝う行事でもあるため、里芋やさつまいもなどをお供えします。

【十三夜】
別名「栗名月」「豆名月」といい、栗や豆類の収穫を祝う行事でもあるため、栗や枝豆などをお供えします。

【十日夜】
稲の収穫を祝う行事でもあるため、いなほやお米などをお供えします。

また、その時期にとれた野菜や果物も、もるといいでしょう。とくにぶどうなどのツルものは、月と人とのつながりが強くなるという縁起(えんぎ)のいいお供えものです。

おばあちゃんからのアドバイス

お供えものは、食べていいんじゃよ。お供えしたものを頂くことで、神様との結びつきが強くなると考えられているからねぇ。お料理してからお供えし、自然の恵みに感謝しながらそれをいただくと、いつもよりおいしく感じるものさぁ。

もっとくわしく知りたい人は「親子で楽しむ!歳時記なび」へ