• ハロウィン
  • もみじ狩り

落ち葉で遊ぼう!

紅葉狩りに出掛けたら、美しい落ち葉を拾いあげてみてください。一枚の葉っぱから、さまざまな楽しみが見つかります。

落ち葉で遊ぼう

■落ち葉のダーツ
  地面に大・中・小の円を描いてダーツの的を作り、5・10・20など点数を書き込めば準備完了。あとは、胸の高さから葉っぱを落として点数を競います。簡単そうに見えるけど、なかなか思い通りに落下してくれません。高いところほど落下地点をコントロールしにくくなるので、大人と子供が一緒に競えます。

■似顔絵
  りんかくを描き、そこに葉・小枝・どんぐりなどを置くだけの似顔絵。単純ですが、ちょっとパーツを動かしただけで喜怒哀楽が表現できます。「○○さん」「笑える顔」など、お題を決めてみるとまた楽しい。気に入った作品はカメラで撮影しておきましょう。

落ち葉をおうちに持ち帰って楽しもう

■落ち葉のアート
落ち葉を画用紙に貼り付け、動物や風景などにしてみましょう。さらに、クレヨンや絵の具で絵を描いてもOK。上手にできたら、額に入れて飾りましょう。

■秋のおすそわけ
電話帳に1週間はさんで押し葉にし、手紙に同封して秋を届けましょう。のりや両面テープで落ち葉のシールにすれば、ラッピングに活用することもできます。本のしおりにしてもステキ。

■秋色のフォトスタンド
秋のスナップを入れたフォトスタンドに、両面テープで貼り付けるだけ。落ち葉の鮮やかな色を楽しみたいなら、生のままで1日限りのディスプレイに。押し葉にすれば今シーズンかざっておけます。

■秋色のソープディッシュ
落ち葉をサッと洗ってから、洗面所のソープディッシュ(せっけん用の皿)に敷きます。落ち葉はかわくとしなびてしまうので、適度に湿り気のある水回りは好環境。

もっとくわしく知りたい人は「親子で楽しむ!歳時記なび」へ