• ハロウィン
  • もみじ狩り

【ハロウィン】 10月31日

ハロウィンってなぁに?

ハロウィンはキリスト教の聖人の祝日「万聖節」(11月1日。すべての聖人と殉教者をまつる日。All Hallo)の前夜(All Hallo Eve)を略したものです。
古代ケルトでは10月31日が大晦日にあたり、この夜は先祖の霊だけでなく悪霊までやってくると信じられていました。やがてキリスト教で悪霊を追い出す祭が始まりますが、その祭を子どもたちが怖がるので、ヨーロッパからアメリカに移住した人々が子どもも楽しめる行事にアレンジし、現在のようなイベントになりました。

お菓子をくれなきゃいたずらするぞ!

ハロウィンには子どもが主役のおもしろい風習がありますが、どんなふうにするのでしょう?

アメリカでのハロウィンの様子

ハロウィンの夜、家々にジャック・オー・ランタン(かぼちゃのおばけのランプ)の灯りがともるころ、子どもたちはゴーストや魔法使いなどのキャラクターの仮装をして近所を訪ねてまわります。仮装するのは、悪霊そのものをあらわしているとも、悪霊がその格好を見ておどろいて、にげるようにとも言われています。

そして、子どもたちが「Trick or Treat !(トリック オア トリート)」(お菓子をくれなきゃいたずらするぞ!)と声をかけて玄関をたたくと、その家の人が「Happy Halloween !(ハッピー ハロウィン)」 といってお菓子をわたし、霊をしずめます。


日本のおうちでの楽しみ方

ご近所を練り歩くことはできませんが、おうちで楽しむならOK!みんなでハロウィン・パーティーをしてもいいですね。

■仮装
仮装アイテムも売っていますが、身近な材料でお化けの格好をしてはいかが。シーツに色紙で顔をつけてかぶったり、黒い布をマントにしたり。好きなマンガのキャラクターになりきっても楽しいかも。

■お菓子
「お菓子をくれなきゃいたずらするぞ!」と言って、この日ばかりは堂々とお菓子をもらっちゃおー!ハロウィンをイメージしたバケツや袋を用意しておくと、いっぱいもらっても大丈夫!?

■ジャック・オー・ランタン
ハロウィンといえば、かぼちゃのおばけ!かぼちゃをくり抜いて顔をつくり、キャンドルをともして飾ります。作るのも楽しいし、インテリアとしてもステキ。
ジャック・オー・ランタンを作ってみよう!


■飾りつけ
オレンジと黒をテーマカラーにして飾りつけをしてみよう。色紙でかぼちゃのおばけやコウモリを作ってみたり、飾りかぼちゃやジャック・オー・ランタンをディスプレイしてみたり。ほうきも魔女の乗り物として飾れます。


おじいちゃんのふむふむウンチク!

ハロウィンの名脇役の魔女はほうきに乗っているけど、ほうきの毛先をどっち向きにしているかわかるかい?今でこそ毛先が後ろだが、本来は前だったんじゃ。なぜかというと、昔はほうきを馬に見立てていて、ロケットができてからはふんしゃに見立てて後ろになったそうじゃ。魔女の乗り物も、馬からロケットへと近代化していたのさぁ。

もっとくわしく知りたい人は「親子で楽しむ!歳時記なび」へ