• ひなまつり/桃の節句
  • ホワイトデー
  • 春分

【春分】 3月21日ごろ

春分ってなぁに?

昼と夜の長さがほぼ等しくなる日(約半年後にも同じように秋分がやってきます)。春分を境に昼のほうが夜よりも長くなっていくため「暑さ寒さも彼岸まで」といわれ、昔は春の訪れを祝う日でもありました。『自然をたたえ、生物をいつくしむ日』として「春分の日」が国民の祝日になっています。また、別名「彼岸の中日(ひがんのちゅうにち)」といい、春分や秋分の前後にお墓まいりをする風習があります。

お彼岸ってなぁに?

春分の日を中日として、その前後3日、合計7日間を「彼岸(ひがん)」といい、最初の日を「彼岸の入り」、最後の日を「彼岸の明け」と呼びます。秋分の日も同じです。

なぜお彼岸にお墓まいりをするの?

お彼岸に先祖の供養(くよう)をするのはなぜでしょう?それは、この時期の太陽が真東から昇って真西に沈むことに由来します。仏教では先祖のいる極楽は西にあると考えられているため、真西に陽が沈む日が極楽に最も通じやすい日となります。そこで、お彼岸にお墓まいりをしたりお経をあげたりして、先祖の霊を供養するようになりました。

もともと仏教用語でさまざまな悩みをのりこえた悟りの境地に達したあの世を「彼岸」、欲や悩みに満ちたこの世を「此岸(しがん)」といい、此岸にいる人間が彼岸に近づく方法のひとつがお墓まいりなのです。

また、お米などの作物を作ってきた日本人にとって、春の訪れはとても喜ばしく、これからの豊かな実りを願う時期です。こうした自然に対する感謝や祈りが、ご先祖様に感謝する気持ちにもつながっています。

おばあちゃんからのアドバイス

お墓参りに行ったらまず、お墓の清掃をしましょうね。雑草が生えていたり、ゴミが散らばっていたりしてはご先祖様に申し訳がないからのう。また、お寺によってはお供え物を禁止している所もあるから、事前に調べてからお墓参りをするんじゃよ!
・お墓のまわりの雑草やゴミをとりのぞく。
・水鉢や花立て、香立てはゴミがつまりやすので丁寧に洗う。
・墓石は水をかけてよく洗い、タオル等で水気を拭きとって仕上げる。

もっとくわしく知りたい人は「親子で楽しむ!歳時記なび」へ