• ひなまつり/桃の節句
  • ホワイトデー
  • 春分

ひな人形って誰? 〜ひな人形の登場人物と飾り方

ひな人形は婚礼の様子をあらわしています。それぞれの人形には役割があり、表情も違うからよく眺めてみてね!ここでは一般的な登場人物を紹介します。
登場人物の名称(上から)

  • ・内裏びな
  • ・三人官女
  • ・五人囃子
  • ・随身
  • ・仕丁

内裏(だいり)びな

内裏とは天皇の住まいである御所のことで、内裏びなは天皇、皇后の姿をあらわした男びな(おだいりさま)と女びな(おひなさま)です。日本古来の並べ方は、左上位の考え方により向かって右に男びな、左に女びな(人形側から見ると、左上位で左に男びな)でしたが、昭和天皇が国際マナーにそくして右上位に並ぶようになってからは、向かって左に男びな、右に女びなを並べるようになりました。今でも伝統を重んじる京都などでは、日本古来の並べ方です。

三人官女(さんにんかんじょ)

内裏びなに仕える女官たち。中央の女官長はお酒を飲むさかずきを三方(さんぽう)にのせて持ち(上方では松竹梅の飾りのついた「嶋台」)、結婚しているので眉毛がありません(昔は結婚すると眉毛をそりました)。向かって左の女官は、お酒の入った「加えのちょうし」を持ち、口を開いています。向かって右の女官は、お酒を注ぐ「長柄のちょうし」を持ち、口は閉じています。

五人囃子(ごにんばやし)

お囃子(はやし)の演奏をする人たち。向かって左から太鼓(たいこ)、大鼓(おおかわ)、小鼓(こつづみ)、笛(ふえ)、謡(うたい)。それぞれの表情も違います。

随身(ずいしん)

お内裏さまを警護する人たち。向かって左の若者が右大臣(うだいじん)、右のひげをはやした老人が左大臣(さだいじん)で、弓矢を持っています。

仕丁(じちょう)

宮中で雑用をする人たち。怒りじょうご、泣きじょうご、笑いじょうごの3人なので、三人上戸(さんにんじょうご)ともいい、台笠(だいがさ。帽子をかけます)、沓台(くつだい。靴をのせます)、立傘(たちがさ)を持ち、出掛けるときの様子をあらわしています。ほうき、ちりとり、くまでを持っている場合は、宮中を掃除する様子をあらわしています。。

こうした人形のほかに、おひなさまの嫁入り道具や、京都御所に植えられている桜(「左近の桜」と呼ばれ、向かって右に置く)と橘(たちばな。「右近の橘」と呼ばれ、向かって左に置く)などを飾ります。

もっとくわしく知りたい人は「親子で楽しむ!歳時記なび」へ