• 山開き、海開き
  • 七夕
  • 土用の丑の日

土用うなぎの由来 〜東西で違う、うなぎのかば焼き

「う」のつくものの中でも、一番有名なのはうなぎです。ではどうして有名になったのでしょう?

土用うなぎが有名になったわけ

うなぎはかなり古くから滋養強壮に効く食べものとして注目されていたようで、日本に現存する最も古い歌集『万葉集』の中に、大伴家持(おおとものやかもち)が作った歌で、痩せこけた知人がこれ以上夏痩せしないようにうなぎを勧めるものが載っているほどです。

※「石麻呂(いはまろ)に 吾(わ)れもの申す 夏痩(なつや)せに よしといふものぞ 鰻(むなぎ)とり食(め)せ」
<大伴家持 『万葉集』 巻16−3853>
※「痩(や)す痩(や)すも 生けらばあらむを 将(はた)やはた 鰻(むなぎ)を漁(と)ると 河(かは)に流れな」
<大伴家持 『万葉集』 巻16−3854>

うなぎが土用の丑の日に結びついた理由にはいろいろな説がありますが、最も有名なのは、こうしたことを江戸時代の蘭学者・平賀源内(ひらがげんない)が夏場の営業不振に悩んでいた鰻屋(うなぎや)に助言し、土用の丑の日にうなぎを食べるよう宣伝したことから、土用うなぎブームが広がったという説です。

うなぎのかば焼き 〜関東風と関西風

みんなが大好きなうなぎのかば焼き!あなたが食べているうなぎには、頭がついていますか?実は、関東と関西ではうなぎの調理法が違うのです。

【関東風】
頭をとって、背開きにする ⇒素焼き(白焼き) ⇒蒸す ⇒再び焼く
蒸すからとても柔らかい!
【関西風】
頭はつけたまま、腹開きにする ⇒焼く
しっかり焼くから香ばしい!

おじいちゃんのふむふむウンチク!

おじいちゃん うなぎの開き方の違いには、面白い話があるんじゃ。武家社会(ぶけしゃかい)の関東では切腹に通じることのない「背開き」、商人社会の関西では腹を割って話せると解釈(かいしゃく)して「腹開き」をするというものじゃ。でも、関東では蒸(む)す工程があるから、背開きにしたほうが身の厚い背中側に串をさせ、作業中に串から抜け落ちる心配もないのさ。まさに、理にかなった話じゃのう。

もっとくわしく知りたい人は「親子で楽しむ!歳時記なび」へ