• 山開き、海開き
  • 七夕
  • 土用の丑の日

七夕飾りを作ってみよう!

七夕といえば七夕かざり!もともとは、機織りのうまい織姫にあやかって、機織りやさいほうの上達をねがっていましたが、江戸時代にしょみんの間に七夕かざりが広がると、寺子屋に通う子どもたちが習字などの上達を願うようになりました。

本来は、サトイモの葉に溜まった夜露(よつゆ)を集めて墨(すみ)をすり、五色の短冊に願いを書きます。サトイモの葉は神からさずかった天の水を受ける傘(かさ)の役目をしていたと考えられているため、その水で墨をすると文字も上達するそうです。

どんなものを飾るの?

笹にはいろいろなものを飾りますが、それぞれに意味が込められています。

  • ・五色の短冊……中国の陰陽五行説に由来する、青・赤・黄・白・黒の短冊。
  • ・吹(ふ)き流し……織姫の織り糸に見立てて、五色のテープで作る。
  • ・巾着(きんちゃく)……金運を祈り、折り紙で作ったり、本物のお財布をさげたり。
  • ・千羽鶴……長寿のシンボル。
  • ・紙衣(かみこ)……さいほうの上達を願い、紙の人形や着物をかざる。災いを移す意味もある。
  • ・網飾(あみかざ)り……豊年豊作大漁の願いをこめて。
  • ・くずかご……物をそまつにしないよう、七夕かざりの紙くずを折り紙のかごに入れる。

網飾りの作り方

1.折り紙を対角線で半分に折り、さらに半分に折る。
2.さらに半分に折り、わが右側にくるように置いて、左右から細かく切りこみを入れる。両はじは少し残しておくこと。
3.もとの大きさに広げ、中心をもって下に引っ張れば出来上がり!

もっとくわしく知りたい人は「親子で楽しむ!歳時記なび」へ