• 山開き、海開き
  • 七夕
  • 土用の丑の日

天の川、織姫、彦星を探してみよう!

天の川はおよそ2000億もの星の集まりです。星は毎晩少しずつ動いていますが、天の川をへだてて輝く星々が旧暦7月7日に接近するかのように美しく見えることから、七夕伝説が生まれました。

天の川・織姫・彦星の見つけ方

東の空を見上げて「夏の大三角形」を探します。少し細長い三角形で、ベガ、アルタイル、デネブの3つの星です。「夏の大三角形」の周囲にある光の帯が天の川です。

  • ・ベガ(こと座)=織女星=織姫。最も明るく青白い0等星。
  • ・アルタイル(わし座)=牽牛星=彦星。ベガの斜め下の1等星。
  • ・デネブ(白鳥座)は3つの中ではいちばん暗い。

おばあちゃんからのアドバイス

おばあちゃん 新暦の7月7日は梅雨の最中だから、天気が悪いことも多いのじゃ。旧暦の7月7日(新暦では8月上旬ごろ)なら夜空も晴れてきれいだから、旧暦にあわせてもう一度七夕をしてみるのもいいもんさぁ。

もっとくわしく知りたい人は「親子で楽しむ!歳時記なび」へ