• 山開き、海開き
  • 七夕
  • 土用の丑の日

【七夕】 7月7日

七夕ってなぁに?

七夕は、古代中国の七夕伝説、手習い事の上達を願う「乞巧奠(きっこうでん)」という行事に、日本古来のしゅうかく行事が結びついたものです。
日本の旧暦の七夕は稲(いね)の開花期で、水害や病害などが心配な時期です。また、お盆(旧暦7月15日)の準備をする頃にもあたります。そこで、棚機女(たなばたつめ)という巫女(みこ)が、水辺の棚の上に設けられた機屋に入り、棚機(たなばた)と呼ばれる機織(はたお)り機を使って先祖にささげる衣を織りあげ、それをまつってしゅうかくの無事を祈りました。「棚(たな)」には、神聖なものを一段上げるという意味があります。
やがてこの行事と「乞巧奠」が交じり合い、願い事を短冊に書いて笹に飾る行事に変化していきますが、もともとは7月7日の夕方を表して七夕(しちせき)と呼ばれていたものが、棚機(たなばた)にちなんで七夕(たなばた)という読み方に変わっていきました。

星に願いを 〜七夕伝説

七夕のルーツになった古代中国の七夕伝説。さて、どんなお話でしょう?

七夕伝説

昔むかし、天の川の西岸に、織姫という娘が住んでいました。織姫は天を支配する天帝の娘で、機織りの名手。毎日のように美しい布を織り上げる織姫を、天帝はとてもかわいがっておりました。

やがて織姫も年頃になり、そろそろ結婚相手を探さなければなりません。そこで天帝は、東岸に住む彦星を引き合わせました。彦星は働き者の牛使いで、とても評判のいい青年だったからです。そしてお互いを気に入り恋におちたふたりは、めでたく夫婦となりました。

ところが結婚してからというもの、夫婦仲が良すぎて一緒に遊んでばかりいます。織姫は機も織らず、彦星は牛の世話もせず、仕事をさぼってばかりなのです。これに怒った天帝は、天の川をへだててふたりを離れ離れにしてしまいました。

これで再び仕事に取り組むだろう……天帝はそう期待していましたが、ふたりとも悲しみに明け暮れるばかりで仕事にもなりません。そこで、一生懸命仕事にはげむことを条件に、七夕の夜に限って再会することを許したのです。

こうして七夕になるとカササギの翼にのって川を渡り、年に一度のデートをするようになりました。

夜空を見上げて、天の川・織姫・彦星を探してみよう!

もっとくわしく知りたい人は「親子で楽しむ!歳時記なび」へ