• 正月
  • 七草粥
  • 鏡開き

【鏡開き】 1月11日

鏡開きってなぁに?

鏡開き お正月は年神様をお迎えする行事。その年神様へお供えする鏡餅は、年神様のより所でもあります。「鏡開き」はその鏡餅を開くことで年神様を見送り、お正月に一区切りつける行事です。さらに、年神様の力が宿った鏡餅をいただくことで力を授けてもらい、1年間の無病息災を願います。

昔は1月20日に行われていましたが、徳川3代将軍・家光が4月20日に亡くなったため、月命日の20日をさけて、11日に行うようになりました (地方によっては、15日や20日に行うところもあります)。また、「切る」というのは切腹を連想させて縁起(えんぎ)が悪いため、縁起(えんぎ)良く末広がりを意味する「開く」ということばを使います。

鏡開きのしかた

鏡餅 鏡餅をいつまでもかざっておいたり、食べないで処分してはいけません。鏡餅をかざっておくだけでは、年神様にお供えしたにすぎませんし、鏡餅は単なるお供えものというよりも、年神様が宿るところだと考えられているので、鏡餅を開くことで年神様をお送りし、お正月に区切をつける意味があります。

では、鏡餅をどうやって開けばいいのでしょう?そのやり方にも、昔ながらのしきたりがあります。

鏡開きはいつするの?

鏡開きは1月11日に行います。鏡餅を見ているともっと早く食べたくなりますが、鏡餅は年神様にとって寝食(しんしょく)をする宿のようなもの。だから、年神様がいらっしゃる間(これを松の内といいます)は食べてはいけません。一般的に1月7日までが松の内で、松の内が明けた11日に鏡開きをしますが、松の内を15日までとする地方では、鏡開きを15日または20日に行います。

また、鏡開きをしないとお正月の区切りもつかず、年神様の力が宿った鏡餅が食べられないので、ご利益が得られないと考えられています。

<伝統的>鏡餅の開き方

もともと武家社会で始まった行事なので、包丁などの刃物で切るのは切腹を連想させるため禁物です。手で割り砕くか、木槌(きづち)や金槌(かなづち)を使います。コツは、少しずつ叩いてひびを入れてから、勢いよく叩くこと。また、「割る」という表現も縁起(えんぎ)が悪いので、「開く」といいましょう。

ただし、相当かんそうしていないと割れない(開けない)ので、そんな時は半日ほど水につけてから電子レンジでやわらかくし、手でちぎるといいでしょう。

<現代的>鏡餅の開き方

現在はあらかじめ小分けされた餅をパック詰めした鏡餅が多いので、鏡開きもパックを開くだけになりました。もちろん、包丁で切ってはいけません。

おじいちゃんのふむふむウンチク!

おじいちゃん 鏡開きで正月に区切りをつけるということは、その年の仕事始めをするという意味もあるんじゃよ。その昔、武士は具足などを納めていた櫃(ひつ)を開き、商家では蔵を開き、農村では田打ちという作業をして1年の出発としておった。剣道などの武道で、新年の道場開きに鏡開きをしたり、お餅を入れたお汁粉などをふるまったりするのは、その名残というわけさ。

もっとくわしく知りたい人は「親子で楽しむ!歳時記なび」へ