• 正月
  • 七草粥
  • 鏡開き

七草粥を作ってみよう!

七草粥 七草粥はビタミンも豊富で、おせち料理に疲れた胃をいたわることもできます。1年の無病息災を願い、1月7日の朝に食べましょう。

※注意:必ず大人の人と一緒におこない、火の取り扱いやケガに十分気をつけましょう。

<材料>(4人分)

七草セット:1パック (大根、蕪、小松菜、水菜など、冷蔵庫にある野菜を活用してもOK!)
米:1カップ
水:1リットル
塩:少々

<作り方>

鍋に入れる 1.米をとぎ、水1リットルとともに鍋に入れ、30分程度つけておく。

強火にかける 2.ふたをして強火にかける。

ふたを少しずらす 3.沸騰したら弱火にしてふたを少しずらし、40分ほど炊く。

七草を入れる 4.細かく刻んだ七草を入れ、火が通ったら塩で味をととのえる。

5.火を止め、ふたをしてしばらく蒸らす。

忙しくて米から炊く時間がない場合、ごはんを使って「七草おじや」にしてもいいでしょう。

おばあちゃんの時代って

おばあちゃん 七草を刻むときには「七草なずな 唐土(とうど)の鳥が 日本の国に 渡らぬ先に ストトントントン ストトントントン」と歌いながら刻んだもんさぁ。こうした七草の囃子(はやし)歌は各地で違うから、おばあちゃんに聞いてみておくれ。

もっとくわしく知りたい人は「親子で楽しむ!歳時記なび」へ