• 正月
  • 七草粥
  • 鏡開き

【七草粥(ななくさがゆ)】 1月7日

七草粥ってなぁに?

七草粥 1月7日の「人日(じんじつ)」の日に行われる「人日の節句」の行事で、五節句のひとつです。人日とは、文字通り "人の日"という意味で、古代中国で元日に鶏、2日にいぬ、3日に猪、4日に羊、5日に牛、6日に馬、7日に人、8日に穀を占う行事があり、7日は人に刑罰を与えたりせず、7種の若葉を粥に入れて無病息災を願っていたことに由来します。この風習が日本へ伝来し、年のはじめに若菜を摘む「若草摘み」という日本古来の風習と結びついて「七草粥」となり、江戸時代に五節句のひとつとして定着しました。本来は前日に七草を摘みに出かけ、7日の朝にお粥にしていただきます。

7日といえば松の内(一般的には1月1日〜1月7日)の最後の日。この日に七草粥を食べることで、1年の豊作や無病息災を願います。また、お正月のご馳走につかれた胃腸をいたわり、ビタミンを補う役目もあります。

春の七草って?

七草粥に入れる7種類の若葉を、「春の七草」といいます。さて、どんな草でしょう?

春の七草

■芹(セリ)
セリ 香りのいい、水辺の山菜。

■ナズナ
ナズナ ぺんぺん草のこと。江戸時代にはポピュラーな食材。

■御形(ゴギョウ)
ゴギョウ 母子草(ハハコグサ)のこと。元祖・草餅の材料。

■ハコベラ
ハコベラ 目によいとされ、腹痛の薬にもなった。

■仏の座(ホトケノザ)
ホトケノザ タンポポに似た田平子(タビラコ)のこと。

■スズナ
スズナ 蕪(カブ)のこと。ビタミンが豊富。

■スズシロ
スズシロ 大根(ダイコン)のこと。消化を助け、風邪予防に効く。

春の七草の覚え方

5・7・5・7・7のリズムに合わせて口ずさむと、自然に覚えてしまいます♪

「セリ ・ナズナ / ゴギョウ ・ハコベラ / ホトケノザ / スズナ ・スズシロ / 春の七草」

おばあちゃんのひとりごと

おばあちゃん 昔はどれも身近なところに生えていたもんさ。今は全部見つけるのは大変だから、お店で買える七草セットが便利じゃよ。説明書をみながら、刻む前に見比べてごらん。おなじみの大根や蕪が入っていたり、ナズナってぺんぺん草のこと……なんて発見も楽しいもんさぁ。

⇒七草粥を作ってみよう!

もっとくわしく知りたい人は「親子で楽しむ!歳時記なび」へ