• 正月
  • 七草粥
  • 鏡開き

お雑煮、祝い箸

みんなが大好きなお雑煮も、おうちによってちょっと違うみたい……

雑煮の由来

雑煮 室町時代にうまれた「おぞうに」は、「五臓を保護する」という意味があり、あわびや里芋、大豆など健康によいものを入れた煮ものでした。当時は宴会の最初に出され、これを食べて胃を安定させてから、お酒を飲んだりしていました。やがて江戸時代にいろいろなものを煮る「雑煮」にかわり、正月に年神様に供えた鏡餅に野菜、鶏肉、魚などを加えて煮込んだ「雑煮餅」となり、正月料理として定着しました。 

こうして年神様に供えた餅をその土地の産物と一緒にいただくことで、新年の豊作や豊漁、家内安全などをいのり、新しい年を祝いました。

いろいろな雑煮

雑煮は地域によって特色があります。

<関西風>
・白みそ仕立て
・丸餅を焼かないで煮る

<関東風>
・しょうゆ仕立て
・切り餅(角餅、のし餅)を焼いてから入れる

具はその土地の産物が入りますが、ユニークな雑煮もあります。
<島根県> あずきを煮たおしるこのような雑煮
<香川県> あんころ餅を入れた白みそ仕立て
<新潟県> 鮭とイクラ、親子が入った豪華版
<長崎県> 出世魚のブリを入れる

さらに家庭によっても違います。我が家の雑煮、お父さんの実家の雑煮、おかあさんの実家の雑煮を比べてみると面白いよ!

祝い箸

祝い箸 おせちやお雑煮を食べるときは、「祝い箸」を使います。「祝い箸」は柳でできていて、末広がりの八寸(約24センチ)の長さがあり、両方が細くなっているため「両口箸」ともいいます。

両方とも使えますが、片方は神様のためのものと考え、使ってはいけません。そうすることで神様と一緒に食事をし、神様とともにお祝いをしているという意味になるからです。

もっとくわしく知りたい人は「親子で楽しむ!歳時記なび」へ