• 正月
  • 七草粥
  • 鏡開き

おせち料理

元旦はおせち料理でお祝いしますが、どうしてでしょう?

おせち料理の由来

おせち料理 もともと、神様にささげる供物(くもつ)を「節供(せっく)」といい、季節ごとの節句にささげる節供料理を「御節(おせち)」料理といいました。やがて、正月が最も重要だったことから、お正月の料理だけをさすようになりました。

正月の間は神聖な火をなるべく使わないようにするため、作り置きできるものが中心です。また、年神様に供えるだけでなく、家族のはんえいを願う、縁起ものなので、めでたさが重なるようにお重(重箱)に詰めます。

おせち料理のしきたり

おせち料理は、縁起のいいものがいっぱい!詰め方にもしきたりがあります。

【一の重】 口取り、祝い肴を詰める
黒豆……まめまめしく働ける
数の子……子孫はんえい
ごまめ……豊作祈願
昆布巻き……よろこぶ
きんとん……金運
※とくに、数の子・黒豆・ごまめを「三つ肴」といいます。

【二の重】 焼き物を詰める
鯛(たい)……めでたい
海老(えび)……腰が曲がるまで長生き
鰤(ぶり)……出世魚のように出世する

【三の重】 煮ものを詰める
れんこん……穴が開いて見通しがきく
ごぼう……無病息災
くわい……大きな芽が出るからめでたい
さといも……小芋がたくさんつくから子孫はんえい

【与の重】 酢のもの、和えものを詰める
紅白なます……大根のように根をはる。めでたい紅白
菊花かぶ……菊は不老長寿のしょうちょう

もっとくわしく知りたい人は「親子で楽しむ!歳時記なび」へ