• 正月
  • 七草粥
  • 鏡開き

昔ながらのお正月の遊び

みんなが集まるお正月は、昔ながらの遊びがおもしろい!楽しいのはもちろんのこと、さまざまな願いも込められています。

■羽根つき
羽根つき 1年の厄(やく)をはね、子どもの健やかな成長を願う。羽根に使われるムクジロの実は「無患子」と書き、子どもが病気をわずらわないという意味があります。羽根をつきそこなうと顔に墨をぬるのも、魔よけのおまじないでした。女の子の初正月に羽子板を贈る風習もあります。

2人で対戦する遊び方を「追い羽根」、1人で何回つけるかを競う遊び方を「つき羽根」といい、「つき羽根」には地域独特の歌もあるから、おばあちゃんに聞いてみてね。

■凧(たこ)あげ
凧あげ その昔「立春の季に空に向くは養生のひとつ」といわれたことから、立春に凧あげをするようになりました。昔は立春が新年です。やがてこよみが変わると、正月の遊びとして定着しました。また、江戸時代には男の子の誕生祝いとして凧あげをするようになり、高くあがるほど子どもが元気に成長するそうです。

より高く揚げて楽しむだけでなく、相手の凧を落としたり、糸を切ったりする「凧合戦」「凧喧嘩」などもあります。

■こま回し
こま回し 奈良時代に唐(とう)という国から高麗(こま)を経て伝来したので「こま」といいます。指でクルンと回すもの、紐を巻きつけて回すものがありますが、独楽の種類としては、軸を通したデアボロ、軸のないベエ独楽の2種類に分けられます。

遊び方も、回転の美しさを楽しむもの、独楽同士をぶつけ合って勝負するもの、曲芸的な技を楽しむものなどいろいろなので、おじいちゃんにコツを習ってみよう。

■双六(すごろく)
双六 双六という名前は、双方に6つのマス目がある「盤双六」に由来します。江戸時代に東海道五十三次を進んでゆく「道中双六」や「出世双六」が人気となり、その後、薄くてたためて見栄えがいいことから少年雑誌の新年号の付録として定着していきました。

サイコロをふってコマを進めるだけのシンプルなルール、勝敗は運次第、何人でも参加できることがお正月のだんらんにぴったりで、その年の運だめしにもなります。最近はルーレットを回すものも多くなりましたが、人気の「人生ゲーム」はまさに「出世双六」です!

■福笑い
福笑い 目隠しをして、りんかくを描いた紙の上に、目・鼻・口・耳などを置いていくゲーム。出来上がった顔立ちがこっけいなので、それを笑って楽しみます。おかめやお多福などの絵が多く、「笑う門には福来る」と縁起がいいことから、正月にふさわしい遊びになりました。

より面白い顔を作って笑わせた者が勝ち、正確な顔を作った者が勝ちなど、ルールを決めて勝負する場合もあります。家族の似顔絵でオリジナル福笑いを作ってみるのもおすすめです!

■いろはかるた/百人一首
かるた いずれも、読み札と絵札を使ったカードゲーム。和歌を集めた「百人一首」は、宮中の遊びだったものが江戸時代の木版画の技術によって庶民に広がり、お正月に楽しまれるようになりました。内容が難しい場合には、絵札の山をめくっていく「坊主めくり」をするといいでしょう。

「いろはかるた」は子どもでも理解しやすく、ことわざを覚えるのにも役立ちます。また、「江戸いろはかるた」のでは「犬も歩けば棒にあたる」ですが、「京いろはかるた」では「一寸先は闇」になるなど、地域によって内容が違います。

■お手玉
お手玉 お手玉のルーツは、古代ギリシャで羊の骨を拾う技だったとか。日本では水晶玉や石を使っていましたが、江戸時代から袋の中にあずきや大豆を入れたお手玉になりました。 手先を使うため脳をしげきして集中力も増すので、日本人が手先が器用なのはお手玉遊びのえいきょうもあったとか。

いろいろな遊び方ができ、お手玉歌もあるので、おばあちゃんに教えてもらったり、自分たちで考えたりして楽しみましょう。


もっとくわしく知りたい人は「親子で楽しむ!歳時記なび」へ