• 正月
  • 七草粥
  • 鏡開き

初夢大作戦

初夢 お正月の話題のひとつが「初夢」です。新年早々、良い夢を見れば嬉しいし、悪い夢を見れば縁起(えんぎ)が悪く思えますが、昔の人はいろいろな秘策をねっていました。

どうして初夢にこだわるの?

昔は初夢の内容で1年を占ったからです。「夢合わせ」という夢ぶんせきで吉凶を判断し、それが行動にもえいきょうしました。江戸時代には、夢を買いかえる商売まであったといわれています。

初夢はいつ見る夢?

古くは立春を正月としていたため、「立春の朝の夢」「節分の夜から立春の明け方までの夢」を初夢と呼びました。やがて、こよみがかわると「大みそかの夢」をさすようになり、大みそかにねないしゅうかんができると「元日の夢」に変わります。さらに1月2日が物事をはじめる日であるという考えから、「2日の夜にみる夢」というのが一般的になっていきました。

現代では、狭い意味では「元日、または2日の夜に見る夢」で、広い意味では「その年の最初に見た夢」と考えます。

縁起の良い夢

昔から有名なのは、「一富士・二鷹・三茄子(いちふじ・にたか・さんなすび)」の夢です。

一富士・二鷹・三茄子 ■一富士 (いちふじ)
富士山、高くて美しい山、山のように末広がりのものが出てくる夢。
高い目標や理想をあらわし、立身出世をしょうちょう。

■二鷹 (にたか)
鷹、鳥のように大空をまうものが出てくる夢。
可能性の広がりや自由な行動力をあらわし、開運や夢の実現につながる。

■三茄子 (さんなすび)
茄子や、果実、野菜など実るものが出てくる夢。
事を「成す」に通じ、お金や財産を成し、子孫はんえいをあらわす。

良い夢を見るためのおまじない

■宝船
七福神や宝をのせた宝船の絵を枕の下にしいて寝る。
宝船の裏側に獏を描くと、さらに良い。

■獏 (ばく)
悪い夢を食べてくれる獏の絵や、「獏」という字を書いた紙を枕の下にしいて寝る。
獏は実在するバクではなく、クマの体・ゾウの鼻・サイの目・ウシの尾・トラの脚をもつ、まぼろしの獣。

■回文
回文とは上から読んでも下から読んでも同じになる文。下記の回文を紙に書き、枕の下に敷いて寝る。
「長き世の 遠の眠りの みな目覚め 波乗り船の 音のよきかな」
(ながきよの とおのねぶりの みなめざめ なみのりぶねの おとのよきかな)

おじいちゃんのふむふむウンチク!

おじいちゃん 初夢で良い夢をみたときは、正夢となって夢が現実になることを願うんじゃよ。悪い夢をみたときは、逆夢として夢とは逆のことが起きると笑い飛ばしたり、「ゆうべの夢は獏にあげます」と3回となえたり、宝船の絵に夢をたくして川(水)に流せば大丈夫とされておる。昔の人は知恵があるのぉ。


もっとくわしく知りたい人は「親子で楽しむ!歳時記なび」へ