• 節分
  • 立春
  • バレンタインデー

【立春】 2月4日ごろ

立春ってなぁに?

二十四節気(にじゅうしせっき)のはじめの節。暦の上ではこの日が春の始まりで、立春から立夏の前日までを春といいます。旧暦では、立春から新しい年がスタートし、正月は立春とほぼ重なっていました。今でも正月に「新春」「迎春」などの表現を使うのは、そのなごりです。立春の前日の節分は冬と春の節目であり、大晦日のようなものです。立春を基準にさまざまな決まり事や節目があり、立春から数えて88日目を「八十八夜」といって茶摘みをする目安にしたり、210日目を「二百十日」、220日目を「二百二十日」といって、台風などを警戒する日にしていました。

二十四節気(にじゅうしせっき)

立春や春分などは二十四節気のひとつで、その名の通り全部で24あります。どんなものがあるか知っていますか?

二十四節気の説明

月の満ち欠けをもとにした太陰暦の日付と季節感のずれをなくすために、太陽の動きを基にして中国であみ出されました。 太陽の高さが最も低くなる「冬至」、最も高くなる「夏至」、その間の「春分」と「秋分」。この4つを基準にして1年を24等分したもので、およそ15日おきになります。 二十四節気には、それぞれの期間の季節の変化を天候や生き物の様子であらわした名前がつけられています 。

立春(りっしゅん/2月4日頃)、雨水(うすい/2月19日頃)、
啓蟄(けいちつ/3月6日頃)、春分(しゅんぶん/3月21日頃)、
清明(せいめい/4月5日頃)、穀雨(こくう/4月20日頃)

立夏(りっか/5月6日頃)、小満(しょうまん/5月21日頃)、
芒種(ぼうしゅ/6月6日頃)、夏至(げし/6月21日頃)、
小暑(しょうしょ/7月7日頃)、大暑(たいしょ/7月23日頃)

立秋(りっしゅう/8月7日頃)、処暑(しょしょ/8月23日頃)、
白露(はくろ/9月8日頃)、秋分(しゅうぶん/9月23日頃)、
寒露(かんろ/10月8日頃)、霜降(そうこう/10月23日頃)

立冬(りっとう/11月7日頃)、小雪(しょうせつ/11月22日頃)、
大雪(たいせつ/12月7日頃)、冬至(とうじ/12月22日頃)、
小寒(しょうかん/1月5日頃)、大寒(だいかん/1月20日頃)

もっとくわしく知りたい人は「親子で楽しむ!歳時記なび」へ