• 冬至
  • クリスマス
  • 正月準備&大みそか

【クリスマス】 12月24日、25日

クリスマスってなぁに?

イエス・キリストの誕生を祝う日。クリスマスの語源は、ラテン語のChrist(キリスト)+mas(ミサ、礼拝)=Christmas。しょせつあったキリストの誕生日が古代ヨーロッパの冬至の祭りと結びつき、12月25日となりました。昔のこよみは日没を過ぎると日付が変わったことから25日は現在の24日の日没後にあたるため、24日の夕刻から朝までをクリスマス・イブとして祝います。

キリスト教しんこうが根付く欧米(おうべい)では、家族や友人と家で食事をしたり、教会へ行ったりするのが一般的ですが、日本ではにぎやかなイベントとなっています。また、サンタクロースやクリスマスプレゼントを、世界中の子どもたちが楽しみにしています。

クリスマスのかざりつけと由来

クリスマス気分を盛り上げる、ツリーやリース。おなじみのかざりにもいろいろな意味があるので、知っておくと楽しいよ!

クリスマス・ツリー

モミの木などに、さまざまなオーナメントをかざります。ひとつひとつがキリストにまつわるお話をしょうちょうし、キリストの誕生を物語っています。

モミの木
冬でも葉を落とさない常緑樹で、永遠の命をあらわします。旧約聖書に出てくる「知恵の樹」のしょうちょうでもある。

トップスター
ツリーのてっぺんにかざる星。キリストが生まれたとき、東の空に輝いていたという「ベツレヘムの星」をあらわします。

イルミネーション、ろうそく
空に輝くたくさんの星。木々の間にきらめく星を、モミの木にろうそくを灯して再現したことに由来します。

キャンディ
杖(つえ)の形をしたキャンディ。キリスト教では、人びとを羊に、神を羊飼いにたとえるため、羊飼いが羊を導くために使う杖の形をしています。

ベル
キリストの誕生を知らせた喜びのベル。迷える羊を導くためのベルでもあります。

リンゴ
ツリーの由来になった「知恵の樹」はリンゴの樹。まるい玉かざりもリンゴのしょうちょうです。

クリスマス・リース

ヒイラギやモミなどを丸く輪にして、終わりのない永遠の愛をしょうちょう。ヒイラギの葉は、キリストが人びとの罪を背負って十字架刑にされたときにかぶった茨(いばら)のカンムリをあらわし、赤い実はキリストの流した血をしょうちょうしています。また、とげのようにとがった葉が魔よけにも通じるため、ドアにかけてクリスマスを迎えます。

クリスマス・カラー

クリスマスをいろどる赤・白・緑の3色。かざりつけやラッピングに用いると、雰囲気が出ます。

【赤】 キリストが流した血をしょうちょう。リンゴ、ヒイラギの実、サンタクロースの衣装にも通じる。
【白】 キリストのじゅんけつをしょうちょう。雪のイメージでもある。
【緑】 永遠の命をしょうちょうする常緑樹の色。

もっとくわしく知りたい人は「親子で楽しむ!歳時記なび」へ