• 冬至
  • クリスマス
  • 正月準備&大みそか

なぜ年越しそばを食べるの?

年越しそば 細く長く、来年も幸せをそばからかき入れるという年越しそば。年を越す前に食べきらないと、来年の金運に恵まれないといわれています。
また、様々な呼び名や言い伝えがあるのでおもしろい!

年越しそばの言い伝え

長寿そば/寿命そば
そばのように長くのびて長生きできる。

運気そば
鎌倉時代、博多のお寺で町の人にそばをふるまったところ、翌年からみんなの運勢がよくなったから。

福そば
金銀細工師はちらかった金粉(きんぷん)をそば粉を使って集めることから、そばは金を集めるえんぎ物となった。

えん切りそば
そばはよく切れるため、1年の苦労とえんを切るため。

年越しそばのねぎも大事

薬味のねぎにも意味があります。つかれをねぎらうという意の「労ぐ(ねぐ)」、祈る(いのる)という意の「祈ぐ(ねぐ)」、おはらいしたり、清めたりする神職の「祢宜(ねぎ)」などの言葉にかけて、1年間がんばってきたことをねぎらい、来年の幸せをいのって心安らかに新年をむかえようというわけです。

もっとくわしく知りたい人は「親子で楽しむ!歳時記なび」へ