• 夏祭り
  • お盆

【お盆】 8月13日〜16日

お盆(ぼん)ってなぁに?

先祖の霊(れい)を迎えて供養する時期で、「盂蘭盆会(うらぼんえ)」「精霊会(しょうりょうえ)」ともいいます。盂蘭盆は、逆さまに吊(つ)るされた苦しみを救うという意味のサンスクリット語(古代インドの言語)で、地獄(じごく)に落ちて逆さ吊りの罰(ばつ)に苦しむ母親を救うため7月15日に供養したところ、極楽浄土(ごくらくじょうど)に行けたことに由来し、日本独自の祖先信仰(そせんしんこう)と結びついて、日本ならではのお盆の行事ができました。

お盆のスケジュール

お盆はどんなふうに過ごすのでしょう?本来は旧暦の7月15日前後に行いますが、現在は月遅れとして8月15日前後に行うのが一般的です。地方によって様々なしきたりがありますが、一般的なスケジュールと過ごしかたを紹介します。また、前年のお盆以降に亡くなった方がいる家では、「新盆」といって通常よりも手厚く供養します。

8月 お盆のスケジュール (地域によっては7月)

◆7日……七日盆
お墓を磨いたり、掃除をしたりします。

◆12日……草の市
花やろうそくなどを買って、迎え盆の準備をします。

◆13日……迎え盆
お迎えした先祖の霊は、ぶつだんではなく盆棚(精霊棚)にまつります。ぶつだんの前やえんがわなどに盆棚を作り、墓参りに行って、げんかんに迎え火をたいて霊を迎えるならわしがあります。迎え火とは、麻(あさ)のくきをかんそうさせた、麻幹(おがら)を松明(たいまつ)のように立てて火をつけたもので、先祖の霊が迷わずに帰ってこられるようにする道しるべとなり、外から内に入るように火をまたぐと先祖の霊を迎え入れたという意味に。火を焚くかわりに電気ちょうちんをのき先に下げる場合もあります。
キュウリに乗ってやってくる〜盆棚(ぼんだな)、精霊馬(しょうりゅううま)を作ってみよう!

◆15日……藪入り
休みをもらってお盆や正月に帰省することを「藪入(やぶい)り」といい、家族そろってゆったり過ごしたり、しんせきの盆棚へお参りに行ったりします。

◆16日……精霊送り
お盆の最後の日。先祖の霊が無事にあの世へもどれるよう、海や川にお供えものや、ふねを流したり、送り火をたいたりします。有名な京都の「五山送り火」もそのひとつ。盆踊(ぼんおど)りも精霊を送り出すための行事です。
盆踊りのコツ、教えます!

おじいちゃんのふむふむウンチク!

おじいちゃん お盆にまつわるこんな言い伝えがあるぞ。お盆のころ、畑に耳を近づけると地熱がわくようなゴーッという音がするらしい。もうじき地獄のふたが開いて霊が飛び出してくるころだから、お盆に仕事をしてはいけないと言われているのさ。また、霊がお盆に里帰りしてしまうから、地獄番をしている鬼もお休みになるそうじゃ。みんなも里帰りして、ゆっくり過ごしておくれよ。

もっとくわしく知りたい人は「親子で楽しむ!歳時記なび」へ