• お花見
  • 入学式

ランドセルと制服物語

ランドセルの由来

小学生の通学に欠かせないランドセルは、オランダ語のランセル(ransel)からきています。もともとは兵隊が背負う布製のリュックで、これを通学に取り入れるようになりました。布製から革製になったのは、明治20年、総理大臣だった伊藤博文(いとうひろふみ)が、皇太子殿下が入学するお祝いに特注品を作らせたのが始まりです。それが定着するのは昭和30年代ですが、黒や赤といった定番カラーが主流でした。
今はピンクやブルーなどのカラーバリエーションも増え、形や素材もさまざまになりました。

制服の由来

制服がある学校も多いでしょう。今はブレザーを筆頭にいろいろなデザインの制服がありますが、ひと昔前までは、男子は詰襟(つめえり)の学ラン、女子はセーラー服が定番でした。その由来はなんだと思う?

■学ラン
学生+ランダ=学ラン。ランダは江戸時代に洋服をあらわす言葉でした。1879年に学習院が採用した紺色の詰襟の上着にズボンをはくスタイルが始まりで、そのモデルは海軍士官の制服です。
■セーラー服
セーラーとは水兵のこと。イギリス海軍の制服をアレンジして、1921年に福岡女学院で採用されたのが上下に分かれたセーラー服の始まりです。セーラー服の特徴である大きな襟は、海風で音声が聞きとりにくくなるため、襟を立てて集音効果を高めるためのデザインなんだって!

もっとくわしく知りたい人は「親子で楽しむ!歳時記なび」へ