• お花見
  • 入学式

【入学式】 4月上旬

入学式ってなぁに?

入学式とは、学校に入学することを許可し、そのお祝いをするための式典です。幼稚園や保育園なら「入園式」、会社なら「入社式」となりますね。新入生にとっては見るもの、聞くもの、すべてが初めてとなる新生活の始まりであり、在校生にとっては後輩を迎える節目の日です。日本では4月に入学するのが当たり前ですが、これは日本独自の文化で、世界では事情が違います。

4月に入学するのは日本だけ!? 〜世界の入学事情

日本の入学時期の移り変わり

日本では4月に入学するのが当たり前ですが、これは日本独自の文化です。ではなぜ4月に入学するようになったのでしょう?
江戸時代は寺子屋、私塾、藩校などが学びの場でしたが、特に入学の時期が定められていなかったので、いつでも入学できました。
その後、明治時代に西洋の教育が導入されると、高等教育では西洋にならって9月入学が主流となります。
しかし、国の経済力を強めて軍備を増強する富国強兵(ふこくきょうへい)政策により、政府の会計年度が4月-3月となったり、軍隊の入隊届出開始が4月になったりしたため、小学校や師範学校の入学時期がその影響で4月となり、大正時代には、高校や大学も4月入学になりました。

世界の入学式

他の国ではいつ入学するのでしょう?国の中でも州や学校によって異なる場合もありますが、例をあげてみましょう。

  • 1月=シンガポール
  • 1月末〜2月初め =オーストラリア、ニュージーランド
  • 3月=韓国
  • 4月=日本
  • 5月=タイ
  • 6月=フィリピン
  • 9月=アメリカ、カナダ、イギリス、フランス、ベルギー、トルコ、モンゴル、ロシア、中国

これらの国には共通点があり、いずれも夏休み明けから新学年がスタートします。9月はまさにそうですし、オーストラリアやニュージーランドは北半球で季節が逆になるので、やはり夏休み明けです。シンガポールやタイは常夏なので乾季や雨季の休みとなりますが、一番長い休み明けにあたります。
韓国は春休み明けの3月なので、日本とほぼ同じですね。
また、日本のように厳粛な入学式や始業式をする国はあまりなく、簡単な手続きやパーティーだけという場合が多いようです。

もっとくわしく知りたい人は「親子で楽しむ!歳時記なび」へ