• お花見
  • 入学式

桜の種類〜桜博士になろう!

お花見のメインは、日本の桜の8割をしめる染井吉野(ソメイヨシノ)ですが、桜は10種類の原種をもとに、それらの交配種で100種以上が野生化し、さらに園芸品種として300種以上もあります。

桜は大きくわけて山桜と里桜に分かれます。

■【山桜】 (野生種、自生種)
もともと野山に自生していた桜で、およそ10種類の原種。
■【里桜】 (栽培品種、園芸品種)
人がつくりだし、栽培している桜で、250種類以上ある。

代表的な桜

■山桜(ヤマザクラ)
花と葉が同時に開く。古くから山に自生しており、昔のお花見は山桜でした。吉野山(奈良県)の山桜は有名です。さらに山桜、大山桜、大島桜、霞桜などの種類があります。
■大山桜(オオヤマザクラ)
花と葉が同時に開く。花が大きく紅紫色なので、紅山桜とも呼ばれる。また、寒さに強く北海道に多いので、蝦夷山桜ともいう。
■霞桜(カスミザクラ)
花と葉が同時に開く。白っぽい色をしているので霞がかかったようだとその名がつきました。
■大島桜(オオシマザクラ)
花と葉が同時に開く。伊豆地方に自生しており、花が大きく香りもよい。桜餅を包む葉は、大島桜の葉を塩漬けにしたものです。丈夫で成長が早いので、染井吉野など多くの里桜の母種になっています。
■江戸彼岸桜 (エドヒガンザクラ)
花が咲いた後、葉が出ます。お彼岸の頃に開花するのでその名がついた。とても丈夫で長寿なので各地に巨木や名木があります。
しだれ桜は江戸彼岸桜の変種。
見ごたえのある大島桜と、花が咲いたあと葉が出る江戸彼岸桜を交配したものが染井吉野。
■豆桜(マメザクラ)
花が小さい。挿し木でも育つので盆栽としても人気。
■緋寒桜(ヒカンザクラ)
早春の寒い頃から開花し、濃いピンク色をしている。釣鐘のように垂れ下がって咲き、花びらがくっついたまま落花する。彼岸桜(ヒガンザクラ)と間違えやすいため、寒緋桜(カンヒザクラ)と呼ばれることも多い。

桜は春を代表する花で入学式のイメージも強いけれど、1月中旬に咲く沖縄の緋寒桜(ヒカンザクラ)から始まって、日本列島を桜前線が北上し、5月下旬に咲く北海道の大山桜(オオヤマザクラ)や松前桜(マツマエサクラ)まで、およそ4か月あまり日本の桜が楽しめるのです。

もっとくわしく知りたい人は「親子で楽しむ!歳時記なび」へ