なぜかドキッとする…彼岸花の不思議

まるでお彼岸に合わせたように咲く彼岸花。この花を見るとドキッとするのはなぜでしょう?

彼岸花のおもしろいサイクル

彼岸花彼岸花は、ヒガンバナ科ヒガンバナ属の多年草。田んぼの畦道などに群生し、9月中旬に赤い花をつけるため、お彼岸の頃に咲く花として親しまれています。よく見ると、すっと伸びた茎に真っ赤な花だけがついて、全く葉がありません。なんと、花が終わってから葉が出てきて、普通と逆のサイクルで育ちます。

【秋】 彼岸花は、秋雨が降ってお彼岸が近づくころ芽を出します。しかも、1日に10センチ近くも芽が伸びて、あっというまに50センチ近くになり、花を咲かせます。1週間ほどで花も茎も枯れてしまいますが、今度は球根から葉がのびてきます。

【冬】 周囲の植物は枯れてしまいますが、彼岸花はあおあおとした葉を茂らせて冬を越します。

【春】 せっせと光合成をして球根に栄養をためこみます。

【夏】 葉を枯らして休眠期に入ってしまいます。

【秋】 お彼岸が近づくころ、急ピッチで姿をあらわして開花します。

彼岸花の別名

曼珠沙華 ■曼珠沙華(まんじゅしゃげ)
サンスクリット語で天界に咲く花という意味。おめでたい事が起こる兆しに赤い花が天から降ってくる、という仏教の経典から来ています。

■毒花(どくばな)/痺れ花(しびればな)
彼岸花にはアルカロイドという毒があります。田んぼの畦道に彼岸花が多いのは、その毒でモグラや野ネズミを防除するためです。その反面、でんぷんを多く含んでいるため昔は飢餓に苦しい時に毒を抜いて食用にすることもあったといいます。危険を覚悟してまで口にしなければならなかった昔の苦労がしのばれますね。

■死人花(しびとばな)/地獄花(じごくばな)/幽霊花(ゆうれいばな)
開花期間が1週間ほどなのに、秋の彼岸のころ開花する彼岸花は、あの世とこの世が最も通じやすい時期に咲く花。また、土葬をモグラや野ネズミなどから守る意味もあり、墓地などによく植えられているため、このようなちょっと怖い呼び名もついています。

■狐の松明(きつねのたいまつ)/狐のかんざし/剃刀花(かみそりばな)/天蓋花(てんがいばな)/葉見ず花見ず
その花の様子から、全国にはたくさんの呼び名があります。

おばあちゃんのひとりごと

おばあちゃん

彼岸花には毒があるから注意しないといけないよ。不気味な呼び名のせいで、子どもたちがむやみに近づかないのも、毒から子どもを守る親心でもあるわけさぁ。





全国で大好評の絵物語!

ポラメル原哲夫プロデュース・セブン銀行協賛のボノロンは、全国のセブン-イレブンで偶数月15日に数量限定無料配布中!

ボノロン ブログ更新中!
おすすめ情報
社会科見学
社会科見学 いろいろな会社の役割や職業の特徴などが学べます
学習ホーム
学習ホーム 小学生の勉強に使うならここからどうぞ
図鑑
図鑑 動物や植物など生き物の情報がいっぱい
環境
環境 環境に関するクイズやゲームで楽しみながら学べます
ゲーム
ゲーム 手軽に楽しめるゲームや最新情報はここをチェック
注目のサービス
学校と家庭をインターネットでつなぐ「ウェブでスクールプラス」
ウェブでスクールプラス
キッズgooについて
キッズgooからのお知らせ
インターネット7つのルール
社会注目のニュース - gooニュース
雪で車動けず トイレ貸す住民も
大雪で依然100台の車動けず 鳥取
高層マンションで火災、女性死亡
衰弱チョウザメ放流 死骸が多数
瞳に映る容疑者の姿 重要証拠に
凍結でスリップか 車転落し死亡
雪に埋もれ女性死亡 落雪か
退位「一代限り」学友らは疑問も
教えて!goo 人気のQ&A (小学校)
小学校の教諭と口論になりました(...
第1位の質問
担任の先生への手紙の文頭について
第2位の質問
高学年女子特有のいざこざ・・親は...
第3位の質問
小学校1年、学習障害ですか?(特に...
第4位の質問
Pick up!
新種の毒ガエルを鳴き声で発見、ペルー
いま売れている主要メーカーの登山パンツ12選
早寝早起きは「遺伝的な要素が大きい」 生物学的に不可能な人も
gooのお知らせ
あなたの好きなデザインテーマは1〜12月までの季節感テーマのデザインや、環境活動に貢献できる緑のgooなど、好きなデザインテーマを設定しよう
gooをスタートページに設定しようタイムリーなニュースやメール、天気など、便利な情報が集約! 地震や津波など防災情報もお知らせするgooトップページを設定しよう
一番安い自動車保険は?一番安い自動車保険は?《利用者800万人突破》最大21社に無料で一括見積もり。安くなった平均額は30,597円!
goo電子書籍特集とある家庭のペットとして暮らす魔王と、その飼い主である少年の物語。ときに隣の家の勇者におびえ――。