ひな人形って誰? 〜ひな人形の登場人物と飾り方

ひな人形の登場人物と飾り方ひな人形は婚礼の様子をあらわしています。それぞれの人形には役割があり、表情も違うからよく眺めてみてね!ここでは一般的な登場人物を紹介します。

登場人物の名称(上から)
・内裏びな
・三人官女
・五人囃子
・随身
・仕丁


内裏(だいり)びな

内裏(だいり)びな内裏とは天皇の住まいである御所のことで、内裏びなは天皇、皇后の姿をあらわした男びな(おだいりさま)と女びな(おひなさま)です。日本古来の並べ方は、左上位の考え方により向かって右に男びな、左に女びな(人形側から見ると、左上位で左に男びな)でしたが、昭和天皇が国際マナーにそくして右上位に並ぶようになってからは、向かって左に男びな、右に女びなを並べるようになりました。今でも伝統を重んじる京都などでは、日本古来の並べ方です。


三人官女(さんにんかんじょ)

三人官女(さんにんかんじょ)の持ち物内裏びなに仕える女官たち。中央の女官長はお酒を飲むさかずきを三方(さんぽう)にのせて持ち(上方では松竹梅の飾りのついた「嶋台」)、結婚しているので眉毛がありません(昔は結婚すると眉毛をそりました)。向かって左の女官は、お酒の入った「加えのちょうし」を持ち、口を開いています。向かって右の女官は、お酒を注ぐ「長柄のちょうし」を持ち、口は閉じています。


五人囃子(ごにんばやし)

お囃子(はやし)の演奏をする人たち。向かって左から太鼓(たいこ)、大鼓(おおかわ)、小鼓(こつづみ)、笛(ふえ)、謡(うたい)。それぞれの表情も違います。


随身(ずいしん)

お内裏さまを警護する人たち。向かって左の若者が右大臣(うだいじん)、右のひげをはやした老人が左大臣(さだいじん)で、弓矢を持っています。


仕丁(じちょう)

宮中で雑用をする人たち。怒りじょうご、泣きじょうご、笑いじょうごの3人なので、三人上戸(さんにんじょうご)ともいい、台笠(だいがさ。帽子をかけます)、沓台(くつだい。靴をのせます)、立傘(たちがさ)を持ち、出掛けるときの様子をあらわしています。ほうき、ちりとり、くまでを持っている場合は、宮中を掃除する様子をあらわしています。


おひなさまの嫁入り道具こうした人形のほかに、おひなさまの嫁入り道具や、京都御所に植えられている桜(「左近の桜」と呼ばれ、向かって右に置く)と橘(たちばな。「右近の橘」と呼ばれ、向かって左に置く)などを飾ります。





全国で大好評の絵物語!

ポラメル原哲夫プロデュース・セブン銀行協賛のボノロンは、全国のセブン-イレブンで偶数月15日に数量限定無料配布中!

ボノロン ブログ更新中!
おすすめ情報
社会科見学
社会科見学 いろいろな会社の役割や職業の特徴などが学べます
学習ホーム
学習ホーム 小学生の勉強に使うならここからどうぞ
図鑑
図鑑 動物や植物など生き物の情報がいっぱい
環境
環境 環境に関するクイズやゲームで楽しみながら学べます
ゲーム
ゲーム 手軽に楽しめるゲームや最新情報はここをチェック
注目のサービス
学校と家庭をインターネットでつなぐ「ウェブでスクールプラス」
ウェブでスクールプラス
キッズgooについて
キッズgooからのお知らせ
インターネット7つのルール
社会注目のニュース - gooニュース
経産省敷地の植込みに火つけたか
マンションで売春容疑、4人逮捕
衝突で車逆さまに 車内の2歳死亡
東北から西日本 20日頃も降雪か
豪州人?の一家4人遭難か 長野
74歳夫の遺体遺棄か 妻と娘逮捕
高齢者の死亡事故 3割が操作ミス
4兄妹殺害 心神喪失で母不起訴
教えて!goo 人気のQ&A (小学校)
小学校の教諭と口論になりました(...
第1位の質問
担任の先生への手紙の文頭について
第2位の質問
文京区内の小学校ごとの学力の差は...
第3位の質問
東京都内で小学校のレベルが高い地...
第4位の質問
Pick up!
本命・友達・自分用にも!キットカットのバレンタイン限定チョコ
Airbnbで長期滞在する前に知っておいたほうがいいこと
【激ウマ】ダイエット中でも毎日食べられる「鶏ハム」とは
gooのお知らせ
あなたの好きなデザインテーマは1〜12月までの季節感テーマのデザインや、環境活動に貢献できる緑のgooなど、好きなデザインテーマを設定しよう
gooをスタートページに設定しようタイムリーなニュースやメール、天気など、便利な情報が集約! 地震や津波など防災情報もお知らせするgooトップページを設定しよう
一番安い自動車保険は?一番安い自動車保険は?《利用者800万人突破》最大21社に無料で一括見積もり。安くなった平均額は30,597円!
goo電子書籍特集とある家庭のペットとして暮らす魔王と、その飼い主である少年の物語。ときに隣の家の勇者におびえ――。