夏休み!親子でできる危機管理
 もうすぐ防災の日。地域や学校での避難訓練も盛んになる頃ですね。今回は、お子さんといっしょに、我が家オリジナルの非常持ち出し袋(防災袋)を作ってみましょう。
vol.3 入っててヨカッタこんなもの!オリジナル非常持ち出し袋をつくろう
■“自分で詰める“ことに意味がある イラスト
 最近は、はじめからパックされた「防災袋」、「非常持ち出し袋」というものがどこででも手に入るようになりました。中味は、水や非常食、救急用品、懐中電灯やラジオなどが一般的ですね。一つ一つを自分で買いそろえる手間が省ける手軽さがうけて、とてもよく売れているそうです。
 一方で、買ってはみたものの、「一度もあけたことがない。」、「機器や道具は説明書を読まないと使い方がわからない。」、ひどい場合は「どこに置いたか忘れた」といったご家庭もあるのでは?
 あたりまえのことですが、非常持ち出し袋は、「非常時に」「持ち出して」「中味を使う」ことができて初めて「役に立った」といえます。ですから、「自分が使う」場面を具体的にイメージして、必要なモノをひとつひとつ確かめながら袋に詰めるという行為は、実はとても重要なことなのです。
■あなたの日常にとって必要なモノは? イラスト
 「非常時」というのは「日常」ではない状態を指します。人間は、長い間、このような状態に置かれると大きなストレスを感じ、肉体的・精神的に耐えられなくなってしまいます。ストレスが限界を超えれば、被災者同士の争いや、最悪の場合は暴動や略奪まで起きるでしょう。ですから、非常時においてもできるだけ日常に近い状態を維持または再現できるような備蓄品や持ち出し品が必要になってくるのです。
そして、各家庭の日常生活やリズムには、それぞれ違いがある以上、「日常を維持するためのモノ」については一般的なパック商品や、行政側で用意される支援物資には含まれていないと考えるべきです。
 これはあくまで一例ですが、ヘビースモーカーの方なら「タバコ」と「ライター」は、はずせないでしょう。女性の方なら、衛生用品のほか、「化粧水」や「口紅」などの化粧品類、「きれいな下着」などがあれば、少しは気持ちを明るくできるでしょう。べとべとの髪が耐えられない方なら、「水を使わないシャンプー」もお薦めですし、共同トイレはイヤ!と言う方には、「消臭スプレー」や「除菌ティッシュ」なども強い味方です。
 あなたの家庭にとって必要なモノは、あなたとご家族で考え、用意しておかなくてはなりません。
line
■我が家仕様の防災袋をつくろう
手順1)リストづくり
 まずは、お子さんといっしょに非常持ち出しリストを作ってみましょう。親子別々にリストアップすると、子どもと大人の感覚の違いが出て面白いと思いますよ。「どうしてそれが必要なのか?」をお互いに説明し合いながら、リストをまとめていきましょう。

手順2)袋詰め
 袋詰めも親子で一緒にやることで、子ども自身も我が家の非常持ち出し袋の中身を覚えます。非常食を詰める時には「これは配給が来るまでの間に食べるものだよね。」などというように、「これはこんなときに使うものだね。」と確認をしていくといいと思います。
 また、袋は大人用、子ども用に分けて、自分の大切なものは自分で管理するように、意識付けしておきましょう。袋詰めしたあとで実際に背負って走れるかを実験しておきましょう。

手順3)置き場所を決めましょう
 非常時に持ち出せなければ「持ち出し袋」にはなりません。寝ているとき、リビングにいるとき、お風呂に入っているときに、地震や火事が起きたら、どう動くのか?その場合、持ち出し袋はどこにあれば良いのか?を良く考えて保管場所を決めましょう。最近では、家の中に置かず、車のトランクや物置に置いておくという方もいます。安全に保管でき、いざというときも取り出しやすい場所であれば良いのですが、スプレー缶などの可燃物を夏場の車内に置いておくのは危険ですので、中味と相談しながら適切な場所を選んでください。

手順4)本当に持ち出せるか?確認をしよう。
 最後にもう一度、子どもたちと訓練をしておきましょう。
・真夜中に地震が起きた。停電になった。持ち出し袋の保管場所にたどりつけるのか。
・1階で火災発生。2階に取り残された。さて、どうする?
・地震で外に飛び出した。余震が続いている。持ち出し袋を取りに戻るべき?

手順5)メンテナンスを忘れずに。
 非常食や水には、消費期限があります。電池は使わなくても消耗します。せっかく作った非常持ち出し袋の何年もほうっておいたらいざというとき役に立ちません。毎年、防災の日に袋の中身を新しいものに替えるなど、定期的なメンテナンスを忘れずに行いましょう。単に中味を入れ替えるだけでなく、古いものは自宅の庭や公園で擬似避難キャンプを行い、そこで消費してしまうと無駄にならずによいでしょう。一晩だけ電気を点けず、非常食を食べるという経験をしてみると、避難生活がイメージできるかもしれませんよ。
 もうすぐ防災の日です。すでに非常持ち出し袋を用意しているご家庭では中身の見直しを、これからとうご家庭では中この機会に、お子さんと一緒に「我が家の非常持ち出し袋」を作ってみてはいかがでしょう。

イラスト
※学びの場.com[学校の危機管理]コラムより転載 <http://www.manabinoba.com>

須藤綾子 執筆:須藤綾子
クライシスインテリジェンス所属。現在、危機管理・安全管理コンサルタントとして学校の安全管理および子どもの安全に関する指導、助言を行っている。
監修:浅利眞
危機管理・セキュリティーコンサルタント。有限会社クライシスインテリジェンス 代表取締役。
陸上自衛隊に約7年在籍。在籍中、民間の危機管理体制の不備に強い問題意識をもつようになり、民間レベルでの危機管理を支援できる企業を創設したいと考え、クライシスインテリジェンスを設立。現在、マニュアルの作成や犯罪危険地図の作成等を通じて学校の危機管理を支援している。
掲載情報の著作権は提供元企業等に帰属します。コンテンツの無断転用を禁止します。
2008 学びの場.com 事務局




キッズgooについて
キッズgooからのお知らせ
インターネット7つのルール
社会注目のニュース - gooニュース
火災巡る訴訟、消防と異なる判断
靴店に車突入 巻き込まれ1人死亡
浄水器販売で詐欺?被害2億超か
築95年の民家倒壊、市は是正指導
台風「大型で非常に強い」勢力に
棋士の電子機器持ち込み、規制へ
夫なぜ死ななければ 2人目中毒死
陸曹わいせつ画像投稿、自ら報告
教えて!goo 人気のQ&A (小学校)
子供の友達の親に言ってしまいました。
第1位の質問
発達障害のボーダーにいる息子が普...
第2位の質問
Z会の通信教育を小学生にさせている...
第3位の質問
就学時健診での知能検査
第4位の質問
Pick up!
エネルギーは消費するもの?それとも生産するもの?
モデルが秋田犬の写真教室?いま秋田犬の活躍がすごい!
さんまの「塩焼き」おいしい便利ワザ!5選
gooのお知らせ
あなたの好きなデザインテーマは1〜12月までの季節感テーマのデザインや、環境活動に貢献できる緑のgooなど、好きなデザインテーマを設定しよう
gooをスタートページに設定しようタイムリーなニュースやメール、天気など、便利な情報が集約! 地震や津波など防災情報もお知らせするgooトップページを設定しよう
一番安い自動車保険は?一番安い自動車保険は?《利用者800万人突破》最大21社に無料で一括見積もり。安くなった平均額は30,597円!
goo電子書籍特集とある家庭のペットとして暮らす魔王と、その飼い主である少年の物語。ときに隣の家の勇者におびえ――。