親子で学ぶインターネットの安全な使い方
現役小学校教諭、野間俊彦先生のコラムです。教育現場から見た子どもたちとインターネットの関係や注意点などを先生ならではの切り口でお送りします。
「精神的な苦痛を受けないために」

 日常生活では「自分がされていやなことは人にしない」という基本的な人間関係のルールがあり、多くの人はそれを守ろうとしています。しかし、顔が見えないインターネットでは、ついつい度が過ぎてしまったり、かげんが分からなくなって、いやな思いをさせたり、させられたりすることが起こりがちです。今回は、そんな精神的な苦痛を受ける危険を取り上げます。

野間俊彦先生
プロフィール

 チェーンメール

 現代版「不幸の手紙」といえるのがチェーンメールです。「このメールを9人に送らないと、夜12時にあなたのところへ行くよ」など怖い内容が多いのですが、中には「今、番組でメールがどこまで届くか実験中です。協力してください」など、若い人が興味をもちそうな内容や、人の善意につけこんだものもあります。

 チェーンメールには、必ず「○人に回して」や「できるかぎりたくさんの人に伝えて」などと転送を要求する言葉が入っています。チェーンメールは、怖い思いをさせられたり、欲しくもない内容が届いたり、迷惑メールそのものです。同じ思いを人にさせないためにも、届いても絶対に転送しないようにしましょう。

 勤務校ではチェーンメールの対処についての学習も行っています。去年は授業後に児童から「ちょうどチェーンメールが来て怖かったけど、授業を聞いて止めても大丈夫だということがわかって安心しました。先生、ありがとう」と言われました。大人から見れば何でもないチェーンメールですが、子どもにとっては大きな問題なのだと改めて感じました。


 誹謗、中傷

 掲示板やチャットは、距離に関係なく直接コミュニケーションがとれる便利で有効なサービスですが、一方では残念なことに揚げ足取りや誹謗、中傷、排除、掲示板荒らしなども行われています。名前を隠せて顔が見えないから、いたずらしたり、エスカレートしたりしやすいのです。でも、被害を受けた方はとても大きなショックを受けてしまいます。勤務校でも、Webページに掲載したイラストを掲示板でけなされた児童がおり、しばらく落ち込みが続いたと話してくれました。
子どもには、

1) 掲示板やチャットは必ずパソコンの向こうに人がいること
2) ケンカになったときにエスカレートしやすい
3) 気持ちが伝わりにくい

などの掲示板やチャットの特性を説明し、カッとなったらいったんパソコンから離れて頭を冷やすこと、自分が何かいやなことを書かれたら相手にせず、もうそこは見ないようにすることなどを話してください。そして、別の楽しみを家族で見つけるようにすると、熱中することも防げるかもしれません。

 個人情報の流出

 「個人情報」とは、名前や住所など個人を特定できる情報のことです。懸賞やアンケートに応募したら宣伝メールが届くようになった、何かの勧誘の電話がかかってきた、掲示板にうっかり名前を書いてしまった、ある会社の顧客リストが盗まれた。これらが個人情報の流出です。名簿を売買する業者が存在するために、一度外へ出た個人情報は人から人へと渡ってしまうのです。

 個人情報の流出は勧誘や宣伝が増えるだけでなく、前回説明した架空請求や不当請求が届くことにもつながります。もし住所や電話番号なども流れていると、郵便や電話で請求されることになるかもしれません。例えメールアドレスだけだとしても、たくさんの迷惑メールのために大事なメールを見落とすこともあり、しつこいメールにはうんざりさせられます。学校の子どもたちに聞いても、インターネットや携帯電話でいやなことの一番は迷惑メールでした。

 顧客リストが盗まれるという不測の事態に関しては私たちで防ぐことはできませんが、それ以外でしたら、与える個人情報をどこまでにするか決めておいたり、迷惑メールが多くなったらアドレスを変えたりすることが対策になります。また、子どもだけで懸賞やアンケートに応募させず、応募したいときは親に見せるように子どもに話しておきましょう。

 それぞれの対策はありますが、すべてに共通して言えるのは、いやな思いをしたり、困ったりしたら、なるべく早く親に相談させることです。それも、たとえ自分が悪かったり、恥ずかしいことだったりしてもかまわないから相談しなさい、と言ってあげてください。子どもは自分に非があると、自分で何とかしようと考えるものです。でも、それはかえって問題がこじれることがほとんどです。「うちの親には何でも相談できる」そんな親子関係があれば、危険も乗り越え、豊かなインターネット・ライフを送れることでしょう。

 

野間俊彦(のまとしひこ)
東京都北区立西ヶ原小学校副校長

専門は図工であるが、パソコン歴が長く、インターネットにも詳しい。学校全体の情報教育を推進する立場にあり、小学校の情報モラル教育第一人者である。平成13年度からは情報モラルの育成に取り組み、実践を学校のホームページで公開している。他の学校や研究会に講師として呼ばれることも多く、今は情報モラル育成の必要性を広く伝えることが使命だと考えている。
 現在、文部科学省の初等中等教育における教育の情報化に関する検討会委員や、文化庁著作権教育プロジェクト協力者として活躍中。著書に「親と子のインターネット &ケータイ 安心教室」(共著 日経BP社)、「インターネット教授法ガイドブック」「インターネット護身術」(工学社)など多数ある。

赤羽台西小学校のホームページ
http://www.kita-tky.ed.jp/~es32/



キッズgooについて
キッズgooからのお知らせ
インターネット7つのルール
社会注目のニュース - gooニュース
鈴鹿の給食中止問題 なぜ起きた
介護殺人や心中 ほぼ週1件ペース
口座開けず…元組員の改名認める
クラクションに立腹、男性を暴行
11年の愛知殺害、福岡の男を逮捕
増毛駅発の最終列車、シカと衝突
なぜ客多い…駅員に絡み暴行容疑
飛び降りか 中3男子が死亡
教えて!goo 人気のQ&A (小学校)
子供の友達の親に言ってしまいました。
第1位の質問
発達障害のボーダーにいる息子が普...
第2位の質問
国立大学附属小学校にまぐれで合格...
第3位の質問
小6男子の欲しいモノ(ちょっとし...
第4位の質問
Pick up!
NASAが解決アイデアを一般公募。宇宙飛行士の“あの問題”
来年、確実に税金が戻ってくる方法!12月にやるべき3点
元・泥棒が教える「家を守るための4つの対策」
gooのお知らせ
あなたの好きなデザインテーマは1〜12月までの季節感テーマのデザインや、環境活動に貢献できる緑のgooなど、好きなデザインテーマを設定しよう
gooをスタートページに設定しようタイムリーなニュースやメール、天気など、便利な情報が集約! 地震や津波など防災情報もお知らせするgooトップページを設定しよう
一番安い自動車保険は?一番安い自動車保険は?《利用者800万人突破》最大21社に無料で一括見積もり。安くなった平均額は30,597円!
goo電子書籍特集とある家庭のペットとして暮らす魔王と、その飼い主である少年の物語。ときに隣の家の勇者におびえ――。