トップ

旬のたべもの図鑑

注目の食材―

ホタルイカ(蛍烏賊)

ホタルイカ(蛍烏賊)
収獲時期
3〜6月
主な産地
富山県、兵庫県など
 3月から5月にかけて、日本海の富山(とやま)湾(わん)は夜になるとホタルイカの大群がやってくる。そこに定置あみをかけて漁がはじまると、ホタルイカは青白い光をはなつよ。その美しさは宝石のようだといわれ、富山湾の春の風物詩になっている。その光景を見るために、朝早くから観光船も出ているほどだ。
 ホタルイカが光をはなつのは、身を守るためだよ。ふだんは水深200〜600メートルの深海にすんでいるホタルイカは、春になると産卵のために岸近くまで集まってくる。そこで、漁が行われるわけだけど、あみはホタルイカにとっては「敵」なんだね。ホタルイカは、光を発することで相手をおどろかせたり、目をくらませたり、光で身をかくしたりするというわけだ。ほかにも、仲間に合図を送るために光をはなち、集団行動しているそうだ。
 ちなみに、ホタルイカの漁場として知られる富山湾は、深い谷がいくつもある複雑な海底地形がとくちょう。ホタルイカのほかにも、深海魚のゲンゲやシロエビ、ベニズワイガニなど、めずらしいぎょかい類がとれることで有名だよ。
 ホタルイカは、ゆでて、すみそで食べるのがポピュラー。プリプリ感とワタのあまみがおいしいよ。

前へ

次へ

最新の食材を見る

その他の食材 ― バックナンバー

食育かんたんレシピ トップキッズgoo トップ