トップ

旬のたべもの図鑑

注目の食材―

ワサビ(山葵)

ワサビ(山葵)
収穫時期
根茎は1年じゅう。花は2〜4月
主な産地
長野県、静岡県、岩手県など
 鼻にツーンとくる、からみが特ちょうのワサビ。あの辛みと、さわやかなかおりはワサビ独特のもので、古くは薬草として用いられていたそうだ。今のように、すしやさしみ、そばなどの薬味として利用するようになったのは、えど時代から。日本原産のワサビは、長く日本人の健康と食文化に役立ってきた植物のひとつなんだ。
 ワサビというと、チューブ入りのねりワサビを思いうかべる人も多いのではないかな。でも、本来のワサビは、ワサビの根(根茎(こんけい))をすって食べるもの。上のイラストが、その根茎の部分だよ。
 ワサビが自生するのは、すずしい山間に、ゆるやかに流れる谷川のあさせなど。ワサビは、わき水のような温度の一定したきれいな水を好むので、限られた場所でしかさいばいできないうえ、収かくまでに1年以上かかる。だから、希少価値が高く、根茎をすって食べる機会はなかなかないよね。チューブのねりワサビが手軽なのは、多くがさいばいしやすい西洋ワサビを使っているからなんだ。
 また、ワサビは、根だけでなく、葉やくき、花も食べることができるよ。どちらも、ワサビのかおりとシャキシャキ感が楽しめ、おひたしやつけものが人気。花は、天ぷらにしてもおいしいよ。貴重な春の味覚を味わってみたいね。

前へ

次へ

最新の食材を見る

その他の食材 ― バックナンバー

食育かんたんレシピ トップキッズgoo トップ