トップ

旬のたべもの図鑑

注目の食材―

オリーブ

オリーブ
収穫時期
9〜11月
主な種類
マンザニロ、ピクアル、フラントイオはじめ、品種は世界で1200種以上
主な産地
日本では香川県、岡山県など。世界ではスペイン、イタリア、ギリシャなど
 春から夏にかけて、白い小さな花をさかせるオリーブの木は、秋になると実をつけるよ。その実は、塩づけにしたり、熟した実をつぶしてオリーブオイルにしたり。サラダやパスタにオリーブオイルを用いる家庭も多いのではないかな。フルーティで、風味豊かなかおりが人気だよね。
 でも、オリーブオイルがスーパーの食品売り場に並ぶようになったのは、20年ほど前のこと。健康的な食事への関心が高まってからのことだ。オリーブオイルには、「オレイン酸」がとても多くふくまれ、心臓や脳の病気の予防に期待されているんだ。じっさい、オリーブの主要産地である地中海沿岸では、肉類など、しぼう分の多い食事にもかかわらず、心臓の病気にかかる人が少ないそうだよ。
 オリーブが健康によい果実であることを、人類は知ってか知らずか、オリーブのさいばいが始まったのは、今から5000年から6000年も前のこと。原産地の小アジアから、地中海沿岸に広く伝わっていった。
 旧約聖書やギリシャ神話にも登場し、平和の象ちょうにもなったオリーブは、現在、その枝が国際連合旗や、アフリカ大陸のエリトリアの国旗などにえがかれているよ。古代オリンピックでは、優勝者の頭にオリーブの葉で作られたかんむりがかけられていた。人類の文化にもかかわってきた植物なんだね。

前へ

次へ

最新の食材を見る

その他の食材 ― バックナンバー

食育かんたんレシピ トップキッズgoo トップ