トップ

旬のたべもの図鑑

注目の食材―

新ジャガイモ(新馬鈴薯)

新ジャガイモ(新馬鈴薯)
収穫時期
3〜6月
主な種類
デジマ、アイノアカなど
主な産地
長崎県、鹿児島県など
 カレーやシチュー、肉じゃが、コロッケ、ポテトサラダなど、人気料理に欠かせない食材であるジャガイモ。ホクホクしておいしく、おなかもいっぱいになるジャガイモは、栄養も満点。ビタミンCがたっぷりふくまれ、フランスでは「大地のリンゴ(pomme de terre)」といわれているよ。
 とくに、ビタミンCが多いのが、とれたての新ジャガイモだ。新ジャガは、冬に植えつけたジャガイモを、葉やくきが青いうちに収かくした若いジャガイモのこと。春をむかえるころから初夏にかけて、ジャガイモ売り場に並んでいる、皮のうすいジャガイモのことだよ。
 新ジャガは水分が多く、ホクホク感よりもサクサク感が特ちょう。皮がとてもやわらかく、皮ごとにたり、あげたりするのがおすすめだよ。皮ごと調理することで、ビタミンCをのがさずに食べられる。しかも、ジャガイモのビタミンCはでんぷんに包まれているので熱に強く、加熱調理しても栄養がしっかりとれるんだ。
 ただし、新ジャガはひもちしないので、みずみずしいうちに食べてね。新ジャガに限らず、ジャガイモは日光が苦手で、日に当たって皮が緑色に変色したら味が落ち、有毒物質が発生してしまう。新ジャガでも、緑色の皮は厚くむいて調理しよう。

前へ

次へ

最新の食材を見る

その他の食材 ― バックナンバー

食育かんたんレシピ トップキッズgoo トップ