トップ

旬のたべもの図鑑

注目の食材―

フキノトウ(蕗の薹)

フキノトウ(蕗の薹)
収穫時期
2〜4月
主な産地
全国各地
 フキノトウは、春の山菜(さんさい)のひとつ。山野に自然に生えている食べられる植物で、ほかに、春の山菜には、ゼンマイやワラビ、タラの芽、ウド、セリなどがあるよ。春の山菜に共通しているのは、独特の苦味や強いかおり。苦味やかおりが、冬の間にねむっていた体のさいぼうをしげきし、体に春の訪れを知らせてくれるんだね。
 春の山菜のなかでも、まっさきに土のなかから顔を出すのがフキノトウ。フキノトウは、フキの花のつぼみで、葉のように見えるのは「苞(ほう)」というよ。フキノトウは、寒さから身を守るため苞を何重にも包んで地面から顔を出す。苞が開く前にとって食べれば、苦味が少なく、あまみが楽しめるよ。
 春の山菜のなかでも、苦味が強いフキノトウは、天ぷらで食べるのが人気。ほかに、刻んでみそしるの具にしたり、みそなどとまぜてフキノトウみそにしたり。フキノトウみそは、熱々のごはんやおにぎりにおすすめだよ。
 山菜は、昔から野山に自生し、人々の食生活に役立ってきた。季節の訪れを知らせる植物でもあるため、俳句にもよまれてきたよ。また、最近では、フキノトウの苦味が胃腸の働きをうながすことがわかるなど、山菜の栄養にも注目が集まっている。山菜がいつまでも自生できるよう、野山も大事していこうね。

前へ

次へ

最新の食材を見る

その他の食材 ― バックナンバー

食育かんたんレシピ トップキッズgoo トップ