トップ

旬のたべもの図鑑

注目の食材―

サワラ(鰆)

サワラ(鰆)
収穫時期
1年じゅう。旬は秋から春
主な産地
全国各地
 サバやイワシ、サケのように、給食でも家庭でも、よくメニューにのぼるサワラ。1、2月の寒い時期にとれるサワラは「寒ザワラ」といって、あぶらがのり、身がしまっていておいしいんだ。漢字の「鰆」のごとく、春をつげる魚としても親しまれているよ。
 サワラは、マグロやカツオのような回遊魚で、4月、5月になると、産卵のため瀬戸内海(せとないかい)に集まってくる。そのため、沿岸の香川(かがわ)や岡山では、サワラ漁が昔からさかんで、さまざまな食べ方が楽しまれてきた。香川では「おしぬきずし」、岡山では「ばらずし」が有名だよ。どちらも、すでしめたサワラを使った伝統料理。香川、岡山では、サワラをさしみで食べる習慣もあり、全国的にもめずらしいんだ。
 ところが、残念なことに、瀬戸内海のサワラは、近年、急激に減ってしまった。イワシなど、サワラのエサが減ったことや、とりすぎが原因と考えられている。そこで、サワラのち魚を育てて放流するなど、沿岸の各県ではサワラを増やすための試みを行っているよ。瀬戸内ならではの、おいしいサワラ料理がいつまでも食べられるよう応えんしよう。

前へ

次へ

最新の食材を見る

その他の食材 ― バックナンバー

食育かんたんレシピ トップキッズgoo トップ