トップ

旬のたべもの図鑑

注目の食材―

カキ(牡蠣)

カキ(牡蠣)
収穫時期
1年じゅう。旬は11〜3月ごろ
主な産地
広島県、宮城県、三重県、岡山県、北海道、石川県など
主な種類
真ガキ、岩ガキ、住之江ガキなど
 栄養満点で、「海のミルク」とよばれている魚貝類はなんだかわかる? 答えはカキ。鍋料理にもフライにも、おいしい貝だよね。
 カキは、良質のたんぱく質をたっぷりふくみ、からだのバランスを整えるミネラル、ビタミンも豊富。とくに、鉄分やあえんは、カキ3、4個で1日の必要量がらくにとれるよ。
 また、カキにはエネルギー源となるグリコーゲンが多いのが特ちょう。おかしの会社「グリコ」のキャラメルは、カキのもつグリコーゲンをヒントに作られた。約90年前の発売当時、グリコーゲン入りのキャラメルは、「1つぶなめれば300m走ることができる」というキャッチフレーズとともに、人気となったよ。カキが「海のミルク」といわれる理由が、わかったかな。
 さて、東日本大震災(しんさい)で大きなひがいを受けた三陸おきは、世界でも有名なカキの産地。津波によって、カキをそだてるためのいかだをはじめ、多くのようしょく施設や漁船が流されてしまったのは、本当に残念なことだ。それでも、現地ではカキ生産の復興をめざし動き始めているよ。再びおいしい三陸のカキが食べられる日が待ち遠しいね。みんなも応えんしよう。

前へ

次へ

最新の食材を見る

その他の食材 ― バックナンバー

食育かんたんレシピ トップキッズgoo トップ