トップ

旬のたべもの図鑑

注目の食材―

サバ(鯖)

サバ(鯖)
収穫時期
1年じゅう。マサバの旬は10〜12月ごろ
主な産地
長崎県、静岡県、千葉県、茨城県など全国各地
主な種類
マサバ、ゴマサバなど
 秋にしゅんをむかえるサバは、「秋サバ」とよばれているよ。秋サバは、太平洋を回遊するマサバ。夏に北上し、プランクトンが豊富な北海道おきなどでエサをたっぷり食べ、秋から冬にかけて南下する。そのため、秋のサバはあぶらがのって、身もしまり、とてもおいしい。
 おきなわから日本海に向かう、暖かい対馬(つしま)海流にものって、サバは回遊する。福井(ふくい)県の若狭湾(わかさわん)では、えど時代の昔からサバがよくとれ、ほかの海産物などとともに京都に運ばれたそう。車も鉄道もない時代、とれたてのサバに塩をふり、京都まで、ねないで歩いて運ぶと、ちょうどいい味になっていたのだとか。現在、そうした街道を「鯖街道(さばかいどう)」とよび、当時の歴史を伝えているよ。
 サバがよくとれた若狭では、さまざまなサバ料理が生まれた。サバを丸ごと焼いてしょうがじょうゆで食べる「はま焼きサバ」。こうじとごはんをつめてはっこうさせた、「なれサバ」。サバをぬかづけにした保存食、「へしこ」、すみそであえた「ぬた」など。最近では、はま焼きサバをすしにした「焼きサバずし」が登場し、福井の人気の一品になったよ。
 生活習慣病予防にもいいといわれるサバ。おなじみのサバのみそに、塩焼きなどでも気軽に味わいたいね。

前へ

次へ

最新の食材を見る

その他の食材 ― バックナンバー

食育かんたんレシピ トップキッズgoo トップ