トップ

旬のたべもの図鑑

注目の食材―

コンニャク(蒟蒻)

コンニャク(蒟蒻)
コンニャクイモの収穫時期
10〜11月ごろ
主な産地
群馬県、栃木県、福島県、埼玉県など
 低カロリーで、食物せんいやカルシウムがたっぷりふくまれたコンニャクは、ヘルシーな食事としてもダイエットにも人気の食品。板コンニャクや糸コンニャク、玉コンニャク、しらたきなど、形もいろいろあるし、ぷりぷりとしたあの食感も独特だよね。
 このコンニャク、いったい何からつくられているか知っているかな? 答えは、コンニャクイモ。サトイモ科の植物だよ。
 コンニャクイモは、そのまま焼いたりゆでたりしても、あくが強くて食べられない。そのため、コンニャクイモをうすく切ってかんそうさせ、さらに粉にしてから水などを加えて加工し、コンニャクになるんだ。
 この製造法は、えど時代後期、当時の水戸藩常陸国(みとはんひたちこく:今の茨城県)の農民によって生み出された。コンニャクイモはくさりやすく、保存がむずかしい。そのため、コンニャク生産はイモのしゅうかく期に限られていたそうだ。それが、この製造法によって、1年じゅうコンニャクを作ることができるようになり、各地にコンニャク生産が広がった。水戸藩では、コンニャクが特産品になったほどだよ。
 今では手軽に食べられるコンニャクにも、先人のちえがかくされているんだね。

前へ

次へ

最新の食材を見る

その他の食材 ― バックナンバー

食育かんたんレシピ トップキッズgoo トップ