トップ

旬のたべもの図鑑

注目の食材―

ウメ(梅)

ウメ(梅)
収穫時期
6月
主な産地
和歌山県、群馬県など全国各地
主な種類
甲州黄熟、稲積、白加賀、玉梅など
 日本の6月といえば、梅雨(つゆ)。雨の季節のことだけど、「梅(うめ)」の字を書くのは、ウメがこの時期に実るから。雨の季節に、たわわに実がなるウメは、日本の気候に合った果物といえるよ。
 ウメのふるさとは、ヒマラヤ山脈の東。日本には、中国、ちょうせん半島を経由して、弥生時代に伝わったといわれている。2月に満開になる花も、美しく、かわいいよね。昔から人々に楽しまれ、奈良時代に日本で最初につくられた歌集「万葉集(まんようしゅう)」には、サクラよりもウメのほうが、歌に多くよまれているんだ。
 ウメの実にはさっきん効果の強いクエン酸や、リンゴ酸、ミネラルが豊富で、昔から日本人の健康を支えてきた。その代表がウメボシだね。梅酒もよくつくられるけど、子どもには梅ジュースがおすすめ。ウメをたっぷりの砂糖につけこみ、できあがったら水で割っていただく梅ジュース。ウメのすっぱさと砂糖のあまみが、暑い夏にぴったり。チャレンジしてみては?

前へ

次へ

最新の食材を見る

その他の食材 ― バックナンバー

食育かんたんレシピ トップキッズgoo トップ