トップ

旬のたべもの図鑑

注目の食材―

ナノハナ(菜の花、油菜)

ナノハナ(菜の花、油菜)
収穫時期
1〜4月
主な産地
千葉県、三重県、香川県など
 セリやフキノトウ、タケノコやセロリ。こうした春野菜は、ちょっと苦味があるね。菜の花もそのひとつ。春は芽生えの季節というけれど、春野菜の苦味は、私たちのからだを目覚めさせ、元気にしてくれる役目があるというよ。菜の花は、さっとゆでて、おひたしやサラダにしたりパスタに入れたり、楽しみ方がはば広くなってきたね。
 菜の花はさまざまな楽しみ方ができる植物だ。野菜として楽しむなら、花が開く前のつぼみの状態で、くきの切り口が緑色でみずみずしいものを選ぶのがポイント。観賞には、黄色い花がさいた状態が美しいよね。満開の菜の花畑は春の風物詩でもあるよ。また、菜の花は別名「アブラナ」ともいい、江戸時代から植物油としても利用されてきた。
 ちなみに、菜の花はアブラナ科の野菜。ほかに、アブラナ科の野菜には、キャベツや白菜、カブ、ダイコン、ブロッコリーなどがあり、世界には3000種以上あるという。調べてみよう。

前へ

次へ

最新の食材を見る

その他の食材 ― バックナンバー

食育かんたんレシピ トップキッズgoo トップ