トップ

旬のたべもの図鑑

注目の食材―

ブリ(鰤)

ブリ(鰤)
収穫時期
1年じゅう(旬は12月〜2月)
主な産地
全国各地
 北陸地方では、11月の終わりから12月なかばにかけて、激しい風がふきあれ、かみなりが鳴りひびくことがよくある。これを、地元の人たちは「ぶりおこし」というのだそうだ。いよいよブリ漁が始まり、本格的な冬がやってくる、という合図みたいなものだね。冬にとれるブリは、「寒(かん)ブリ」とよばれ、あぶらがのって、とてもおいしいんだ。
 春ごろ、九州周辺の南の海で生まれるブリは、群れをなして北に移動していく回遊魚。夏にかけて、群れで北海道まで北上し、水温の下がる秋に南下を始める。毎年、北上と南下をくり返しているよ。
ブリは、成長するにつれてよび名が変わる「出世魚(しゅっせうお)」でもある。成長し、1mぐらいになったブリは「ブリ」だけど、15cm程度の大きさの若いブリは、「ワカシ」とよばれている。40cmぐらいになると「イナダ」になり、60cmぐらいになると「ワラサ」というんだ。でも、これは関東地方のよび名であって、関西や北陸、九州などほかの地方では別のよび方をしているよ。ブリ漁が盛んで、ブリを「県の魚」に認定している富山県では、「ツバイソ(コズクラ)」→「フクラギ」→「ガンド」→「ブリ」と成長にあわせてよび、それぞれの味を楽しんでいる。
ほかにどんな出世魚があるかな? 調べてみよう。

前へ

次へ

最新の食材を見る

その他の食材 ― バックナンバー

食育かんたんレシピ トップキッズgoo トップ