トップ

旬のたべもの図鑑

注目の食材―

マグロ(鮪)

マグロ(鮪)
収穫時期
1年中。ホンマグロの旬は10〜1月
主な産地
日本沿岸、世界の温帯から熱帯海域
主な種類
ホンマグロ(クロマグロ)、メバチマグロ、キハダマグロ、ミナミマグロ(インドマグロ)、ビンナガマグロなど
 日本人はマグロが大好き。さしみやすしだけでなく、かんづめのツナも人気だよね。好きなだけあって、世界中でとれるマグロの3分の1が日本で消費されている。台湾(たいわん)やオーストラリア、ヨーロッパの地中海などからも輸入しているよ。
 こうした日本のマグロ好きが、最近、世界で批判されている。なぜなら、今マグロは、とりすぎによって減りつつあるからなんだ。とくに、心配されているのが、ホンマグロやミナミマグロの減少。これらは、トロがおいしく、さしみが人気のマグロ。つまり、日本での消費が高いというわけだ。
 水族館などで、マグロが回遊している姿を見たことがあるかな?マグロは海を広く泳ぐ回遊魚だから、日本だけで管理することはできない。そのため、地球上の海を5つの海域に分け、国際的に管理しているんだ。それぞれの管理委員会はマグロなどの漁期や漁かく量などを決め、定期的に会議を開いてルールを確認し合っている。こうすることで、マグロをはじめとする生態系を守っているんだね。
 「日本はとりすぎ! 食べすぎ!」といわれるのは耳が痛いけど、マグロをいつまでもおいしく食べ続けるには大事なことなのかもしれないね。

前へ

次へ

最新の食材を見る

その他の食材 ― バックナンバー

食育かんたんレシピ トップキッズgoo トップ